• トップ
  • ニュース一覧
  • 【三浦泰年の情熱地泰】天皇杯決勝にJ1残留争い、W杯代表の発表…少し寂しい気持ちにさせる日本サッカー界のクライマックス

【三浦泰年の情熱地泰】天皇杯決勝にJ1残留争い、W杯代表の発表…少し寂しい気持ちにさせる日本サッカー界のクライマックス

カテゴリ:連載・コラム

三浦泰年

2022年10月17日

焦らずじっくりコツコツと。寂しさを振り払い目の前の仕事を全うしたい

日本サッカー界のクライマックスに少し寂しさを感じるという三浦監督。自身は「焦らずじっくりコツコツと」今季の仕事を全うすると誓う。写真:ヤナガワゴーッ!

画像を見る

 今、僕はJFLのクラブで指揮を執りながらこのコラムを書いているが、鈴鹿がJリーグの舞台に辿り着いたら、コラムを書き続けることは出来るだろうか。そんな未来のJリーグ昇格時に思いを馳せる一方で、僕はその日に鈴鹿にいることが出来るのであろうか? とも思う。

 一つひとつ階段をしっかり踏みしめ、上がる。チームもクラブも、山登りと同じである。
 
 早く登ろうとすれば、下山しなければならなくなる。焦らずじっくりコツコツと、呼吸を整え、一歩一歩進まなければ遭難してしまう可能性もある。今の我々はまさしく、山登りと同じようにじっくりと焦らずに進まなければならない。

 この後のサッカー界は、ルヴァンカップとリーグ戦がクライマックスを迎える。さらにJ3ではJ2昇格チームが決まり、逆にJ2では琉球と盛岡がJ3降格となる。J1からもJ2降格のチームが決まり、J2で優勝を争う新潟と横浜FCは、来季はJ1だ!

 JFLでともに戦ったいわきは、J3で良いシーズンを送っている。シーズンのほとんどを首位で戦う、素晴らしいチームとして昇格へ近づいている。

 JFLも昇格、残留・降格を争うなか、残り5試合となった。

 我々も自分たちの力を信じてリーグを全うする必要がある。来季に繋げるうえでも中味のある5試合にしなければいけない。

 そして11月中旬過ぎからはカタール・ワールドカップが始まり、1日には26人の登録選手が発表される。僕にとっては、その日もまた寂しさを感じる。

 4年に1度、日本代表選手が発表される日が寂しい気分にはなるが、また4年に1度発表することが出来る国になり、今回で7大会連続で出場するということは素晴らしく、喜ばなければならない。

 また、この発表の日がないというのは、もっと寂しいことなのである。

 あることが当たり前であってはいけない。ここからサッカー界は2022年。激動の年になるかもしれない。

 寂しさを振り払い、僕自身も目の前の仕事をしっかり全うしたい。

2022年10月16日
三浦泰年
【関連記事】
【三浦泰年の情熱地泰】順調に見えた日本代表の2戦。あとは決定機をしっかり決めてくれると信じたい!
【三浦泰年の情熱地泰】滅多にない日曜休日に観戦した「日本ダービー」。勇気を与えてくれた武豊騎手に感謝!
【三浦泰年の情熱地泰】行きつけのサウナで身体と心を整える。鈴鹿生活で大切なルーティンのひとつに
【三浦泰年の情熱地泰】街を二分するダービーマッチに勝利! 結果はもとよりエンターテイメントを追求したい
【三浦泰年の情熱地泰】台風予報で試合が中止に… 災害の多い時代だからこそ、サッカーを通して皆に感動を届けたい!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ