【セルジオ越後の天国と地獄】ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年09月04日

シンガポール戦とほぼ同じメンバーで戦い、内容が良くならなかったのだから、そこに問題がある。

日本がチャンスを逃すと感情を爆発させていたハリルホジッチ監督。本来であればベンチに座って、のんびりと戦況を見守る試合であるべきなのだが……。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 本来、ワールドカップ・アジア2次予選という舞台は、結果を求めながらも、最終予選に向けて様々なテストを行なっていく場だ。6人まで交代できる親善試合と違って、3人しか代えられない公式戦で、いかにそうした作業を行なっていけるかに、指揮官の手腕は試されるものだけど、今のハリルホジッチ監督の采配には物足りなさしか感じないね。
 
 果たして、試合の流れを劇的に変えるようなジョーカーは、日本のベンチに座っていたのか? 1か月以上もゴールを奪っていない宇佐美が今回も呼ばれて、東アジアカップで2ゴールを決めた浦和の武藤雄樹が呼ばれていないのが、僕は不思議でならない。
 
 シンガポール戦とほぼ同じメンバーで戦って、試合内容があまり良くならなかったのだから、そこに問題があるのは間違いない。チームで結果を出していないのに、欧州組だから起用されるのでは未来はないよ。もう少し、チーム内で競争させることが必要だし、次のアフガニスタン戦では、東アジアカップのメンバーにもっとチャンスを与えてあげるべきだ。
 
 結局、今回のカンボジア戦を見ても、「ハリルホジッチ監督のサッカー」がどんなものなのかが、伝わってこない。彼はこのチームで、どういうサッカーをしたいのか。縦に速いわけでもなく、いつも同じリズムで横パスを回しているだけ。相手が自陣深くで待ち構えているところに、工夫もなくボールを入れては弾き返される。
 
 横綱相撲を取るべき日本が、どこかドタバタしている。スタメンの顔ぶれはブラジル・ワールドカップの頃とほとんど変わらないのに、なんだか貫禄だけがなくなってきた。
 
 ピッチサイドで何度も天を仰ぐ監督の姿に、違和感を覚えるのは僕だけだろうか? カンボジア相手の2次予選。本来であれば、日本代表を率いる指揮官はベンチに深く腰掛け、落ち着いて戦況を見守るべきゲームなんだよ。
【関連記事】
【藤田俊哉の目】最大の問題は決定力不足ではなく、海外組を脅かす存在がいないこと
金田喜稔がカンボジア戦を分析|オーソドックスすぎた日本の攻撃は、格下でも守れるレベルだった
【サッカーダイジェストの視点】例えば香川外しは現実的な選択肢か
【日本 対 カンボジア】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
「チャンスの作り方が、あまり上手くない」。エース本田が語った根深き課題とは?
本職のトップ下で輝けなかった香川真司。背番号10のジレンマは続く
吉田麻也の鮮やかなミドル弾を巡る問題提起――CBのシュートが「お手本」となる状態は健全か?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ