• トップ
  • ニュース一覧
  • 偶然ではなく、狙いが表われたワンシーン。チュニジアの堅守に対し、なぜ鎌田大地はゴール前で“完全フリー”になれたのか

偶然ではなく、狙いが表われたワンシーン。チュニジアの堅守に対し、なぜ鎌田大地はゴール前で“完全フリー”になれたのか

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2022年06月16日

ファーに流れることでフリーに

ハイラインの背後を狙われる形は前半から見られていたが、そのケアが不十分なまま後半に3失点。表出した課題を今後につなげたい。写真:塚本凛平 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 長友のパスを伊東が受けた時に、浅野はニアサイドで左CBのモンタサル・オマル・タルビとマッチアップ。そして左インサイドハーフの鎌田はその浅野とほぼ同じ高さでセンターにポジションを取っていた。チュニジアからすれば非常に危険な存在だ。ただ、この時点では右CBのビレル・イファが対応できるポジションにいた。

 左SBのアリ・エラブディの背後を取った伊東は、持ち前のスピードで縦に持ち上がる。中盤からモハメド・アリ・ベン・ロムダンがカバーしたが、対応が間に合っていなかった。そこで浅野とマッチアップしていたタルビが、伊東と浅野の中間位置、インの仕掛けとクロスの両方に対応する中間ポジションを取ったことで、右CBのイファも連動して中に詰めないといけなくなった。

 その状況で鎌田はチュニジア側のそうした動きに付き合ってセンターで構えるのではなく、ファーに流れることでフリーになったのだ。本来であればそこには右SBのモハメド・ドレーガーがいるはずだ。しかし、ディフェンスが下がりながら対応する流れで、その手前に生じるスペースを南野が狙って動いたことで、そこのケアに行かなければいけなかったのだ。

 伏線として中盤のロムダンがサイドのカバーに行かざるを得なかったことで、中央の守備が手薄になり、そこを右SBの選手が埋めるという選択を取ったことが、結果として鎌田をフリーにした。

 見方を変えれば、日本もサイドでチャンスができた時に反対側のインサイドハーフやウイングの選手がどう連動するかというのはトレーニングでもやっていたことで、このシーンはまさしくその成果だった。
 
 ゴールの可能性を高めるために、チャンスをより多く作っていく作業は大事だが、本大会でここまでのチャンスは本当に一回あるかないかで、そこを仕留め切れるかは大きな運命の分かれ目になる。これはどの国にも言えることだが、やはり強豪国は仕留め切る確率が高いというのは間違いないだろう。

 その意味で大きな教訓になったシーンではあるが、全体を見ればチャンスがサイド攻撃に偏っていること、中央の火力が弱く、相手側にもそう見られている実情がある。前半に仕留めきれなかったこと、後半の3失点などチュニジア戦は検証して今後につなげるべきポイントが多くある。

 今回の6月シリーズは4試合とも、この時期の試合としては意味のあるものだったが、ドイツやスペインに対抗するだけでなく、大陸間プレーオフを制したコスタリカから勝点3を掴み取るためにも、このチュニジア戦を検証して、戦術面のブラッシュアップやゲームコントロール、選手起用、そしてメンバー選考にも反映してもらいたい。

取材・文●河治良幸

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーター!

【キリンカップPHOTO】日本0ー3チュニジア|まさかの3失点で敗戦…!キリンカップは準優勝に終わる

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 
【関連記事】
「愚問です」本田圭佑の“返信”に堂安律が反応!「90分観ていたとしても本田さんは…」
三笘薫の言葉が重い…「場当たり的すぎる」森保ジャパンは、W杯までに共通認識を作れるか?
W杯出場32か国の「優勝確率」をAIが予想! アジア2位の日本は何%? “本命”はFIFAランク1位のブラジルではなく…
サッカーアナリストが見たチュニジア戦|実は破綻していなかった守備。サイド攻撃を得点につなげるために必要なこととは?
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ