【J1採点&寸評】浦和1-1鹿島|攻守の両局面で奮闘した明本や常本を高評価。ショルツやピトゥカら助っ人の躍動も

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月22日

鹿島――指揮官の采配には疑問符がついた

終了間際の浦和の猛攻に対し、鹿島が懸命の守備。試合は1-1のドロー決着となった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第14節]浦和1-1鹿島/5月21日/埼玉スタジアム2002

【鹿島|採点】
スタメン)
GK
クォン・スンテ 6
DF
常本佳吾 6.5
関川郁万 5.5
三竿健斗 6
安西幸輝 5.5
MF
樋口雄太 6
ディエゴ・ピトゥカ 6.5(82分OUT)
和泉竜司 6(87分OUT)
アルトゥール・カイキ 6.5(80分OUT)
FW
上田綺世 6
鈴木優磨 6

途中出場)
MF
土居聖真  ―(80分IN)
MF
中村亮太朗 ―(82分IN)
DF
キム・ミンテ ―(87分IN)

監督)
レネ・ヴァイラー 5.5
 
【鹿島|寸評】
 立ち上がり早々に先制しながら、前半終了間際のPKで振り出しに。チャンスの数では浦和を上回ったが、今ひとつ決め手を欠き、後半のアディショナルタイムに猛攻にさらされたこともあって、どうも後味がスッキリしないまま終了の笛を聞いた。

 先制点の呼び水となったのは、パンチの効いた上田のミドル弾。相手GKが弾いたところをA・カイキが逃さなかった。トップ下に入ったD・ピトゥカがエレガントに舞えば、右SBの常本が攻守に躍動。猛然とボールを奪いに行き、一転チャンスに広げた鈴木の守備も光った。PKの原因は関川のハンド。クロス阻止に行った際に“当たってしまった”だけに責められない。だが、ボックス内という点を考慮し、対応すべきだったか。後半途中から全体的に足が止まっていたので、もっと早めに交代カードを切り、修正を図る必要があったのでは? ヴァイラー監督の采配に疑問符がついた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【ハイライト動画】カイキの先制弾、ショルツのPK弾。浦和と鹿島の一戦は1-1ドロー決着
 
【関連記事】
なぜエムバペはマドリー移籍を蹴ってパリSGに残留したのか。スペイン紙が報じた驚きの理由  
「サッカーに対する侮辱だ」大金を積んだエムバペの契約延長にラ・リーガ会長が怒り!「スーパーリーグと同じぐらい危険」
やはり怪物!パリSGエムバペ、残留宣言直後の今季最終戦で衝撃のハットトリック!
逆転負けのガンバ、ピッチ上でまさかの内輪揉め。昌子とペレイラが激しく言い合う。「試合中にあれはアカン」「敵地で恥ずかしい」などファン落胆
劇的FK弾は無効、キッカーのイニエスタは審判に歩み寄り…名手の振る舞いに代表OBは「ちゃんと礼をするのが凄い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ