逆転負けのガンバ、ピッチ上でまさかの内輪揉め。昌子とペレイラが激しく言い合う。「試合中にあれはアカン」「敵地で恥ずかしい」などファン落胆

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月21日

「長年見てきたけど試合中に仲間割れとか本当に情けない」

大阪ダービーでG大阪が試合中に内輪揉め。昌子(3番)とL・ペレイラ(右)が激しく言い合った。写真:滝川敏之

画像を見る

 勝利にかける想いが、そうさせてしまったのか。

 ガンバ大阪は5月21日、J1第14節でセレッソ大阪と対戦。敵地での“大阪ダービー”で、33分に山見大登のゴールで先制も、58分、66分に失点して逆転を許す。終盤にも1失点し、1-3の逆転負けを喫した。

“事件”が起こったのは、1-2で迎えた88分。自陣左サイドでスローインを投げようとした昌子源が、ボールを叩きつけて、前線に向かって何かを訴えるように叫ぶ。すると、レアンドロ・ペレイラが猛烈な勢いで詰め寄り、昌子に向かって人差し指を突きつけ、怒りの表情を見せる。慌ててウェリントン・シウバや三浦弦太らが仲裁に入る。
 
 結局、その後の反撃も実らず、G大阪は敗戦。クラブの公式ツイッターには「勝ちたかった」「負けるべくして負けた感凄かった」「情けな」といった声が上がったほか、試合中の“内輪揉め”に関しては「試合中にあれはアカン」「味方同士で揉めてどうすんのさ敵地で恥ずかしい」「長年見てきたけど試合中に仲間割れとか本当に情けない」といったコメントが見られた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「選ばないほうが良かった」城彰二が日本代表28人選出に持論!「サプライズ」は伊藤洋輝の初招集ではなく…
「えっ冨安呼ぶん?」6月シリーズの日本代表28人が発表! 堂安&鎌田の復帰、伊藤洋輝の初選出に反響。一方で「意地でも呼ばないのか」という声も
【J1採点&寸評】C大阪3-1G大阪|全3得点に絡んだ奥埜がMOM。一触即発の昌子とL・ペレイラは…
【森保ジャパン最新序列】大迫不在のCFはアピール合戦へ。久保、鎌田らの活用法も定まるか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ