【藤田俊哉の目】日本代表の「アジア最強論」は、東アジアカップで完全に崩壊した

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月10日

現主力頼みのチームのままでは、将来的には厳しくなる。

海外という舞台に飛び出した結果、吉田は才能が開花した。そんな吉田に続くCBは、今のところ見つかっていないと思う。写真:SOCCER DIGEST

画像を見る

 この大会で感じた日本代表の根本的な問題点は、CB不足だ。

 世界的なCBのスタンダードで言えば185センチ以上が一般的になってきていて、守備はもちろん攻撃的センスも要求される。そう考えれば、諸条件をクリアできそうなのは海外組の吉田麻也しかいない。

 世界を見渡せば、CBというのは尋常ではないくらいの大きなスケールの持ち主ばかりなんだ。先日、ヨーロッパリーグのフィテッセ対サウサンプトンを現地で観戦したけれど、吉田が小さく見えてしまうほど、ツワモノたちが集まっていた。

 そんな舞台で戦う吉田は、本当に貴重な経験を積んでいる。さらに厳しいことを言ってしまえば、Jリーグで戦っている選手たちと比べれば、ますますその差は広がってしまうとも感じる。果たして吉田の後ろを振り返った時に何人が続いているのか。残念ながら、答えは「ゼロ」と言わざるをえないのが現状だ。

 中澤に続く選手として吉田が台頭できたのは、彼がJリーグを飛び出してキャリアを重ねてきたことが大きい。もともとポテンシャルも高かったけれど、彼が持っている才能が開花できたのは、海外という舞台に飛び出したのも大きな要因になったはずだ。

 さらには、長く代表の正GKを務める川島永嗣を脅かす選手も育っているとは言えない。そして、その川島ですら欧州で次の移籍先が決まっていない状況にある。そう考えれば、より不安はつきまとう。

 川島はすでに32歳だし、吉田だってそろそろ27歳になる。単純に考えても、次のロシア大会ではさらに3年という月日が流れる。

 現主力頼みのチームのままでは、将来的には厳しくなる。チームの安定にもつながるGKとCBの強化は欠かせない。日本代表の「未来」のために、若手の積極的な起用と、若手自身のさらなる奮起に期待したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ