【横浜】俊輔は「“それ”もやりたいね」。最適解はトップ下>ボランチ?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2015年07月16日

人材は豊富だが、最適解はいまだ見つけられず。

第2ステージの開幕2試合で1分1敗。完全にスタートダッシュに失敗したチームは今後、いかなる巻き返しを見せられるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 本来はトップ下でこそ持てる才能が眩い輝きを放つタイプだが、ボランチでも質の高いプレーを見せる――そんな中村を、攻撃の鍵を握るアデミウソンも「皆が知っているとおり、すごくクオリティが高くて、いろんなことができる選手」と認めている。
 
 しかし、際立つタレントを備えるふたりのハーモニーは、まだ完璧な調和が取れていないのが現状だ。
 
 それでも相手からすれば、中村とアデミウソンは最も注意すべきコンビという認識があるようだ。
 
「中村がボールを持った時、すぐ自分もマークが付かれたりする。相手もやっぱり、僕らをマークすれば、ふたりのコンビネーションが成立しないと分かっているはず。なかなかそう簡単にはやらせてもらえなかった」(アデミウソン)
 
 中村は第1ステージは怪我でほとんど稼働できなかっただけに、アデミウソンとの連係をまだ突き詰め切れていない。なおかつ、敵の必要以上の警戒態勢もあるなかでは、期待されるような破壊力を披露するのはまだ難しいのかもしれない。
 
 ただ、中村には「個人的な収穫」があったという。
 
「アデ(ミウソン)が前に行けば、相手のボランチも怖くて下がる。そうすると、余計に(アデミウソンより後ろにいる)自分は顔を上げてプレーできる。それをひとつ前でできれば……もうゴール(は目の前)だからね。それもやりたいね」
 
 そうした関係性は、トップ下=アデミウソン、ボランチ=中村でも実現させることは可能だが、CF=アデミウソン、トップ下=中村のほうが、件のシチュエーションを容易に作り出せるだろうし、より相手に脅威を与えられるのではないだろうか。
 
 横浜の第2ステージは“ボランチ中村”とともに幕を開けたが、2戦して1分1敗。内容はそこまで悪くないにせよ、結果は出せていない。
 
「シュン(中村)が戻ってきたことで、やり方は変わってくるだろうし、(負傷中の)喜田が帰ってきてまたどうなるかとか。これからかなと思う」(中澤)
 
 中村やアデミウソンのみならず、齋藤、藤本、三門、伊藤、現在は怪我で離脱中のラフィーニャや、柏戦ではベンチスタートだった兵藤など、中盤から前にかけての人材は豊富だが、最適解はいまだ見つけられていない印象だ。
 
 短期決戦のステージ制でスタートダッシュに失敗したのは痛いが、ここからいかに盛り返していけるか。モンバエルツ監督の采配と決断に注目したい。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
 

前節・山形戦で左足首を負傷したアデミウソンは後半の頭から途中出場。中村とのコンビはまだ発展途上で、「彼のクオリティを活かせるようなプレーを自分もやっていきたい」と抱負を語る。写真:徳原隆元

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ