【横浜】"ボランチ中村”は和製ピルロになれるのか

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年07月12日

試合を途中までコントロールしていたが、支配はできなかった。

ボランチとして今季初先発した中村。単なるつなぎ役に終始するようなら、トップ下で使ったほうが輝くはずだ。写真:田中研治

画像を見る

 第2ステージ初戦の山形戦で先発復帰した中村。任されたポジションは、4-2-3-1のボランチだった。

【J1採点&寸評】全9試合の選手採点&寸評をチェック!

【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・1節
 
 足もとにボールが来れば、きっちりと収めて近くの味方にしっかりと叩く。2ボランチを組んだ喜田が「引き出すのも散らすのも上手い。タメも作れるので隣にいてくれて、安心できる部分はありました」と言うように、“つなぎ役”としては十二分に機能していた。
 
 ただ、仕掛けや崩しの局面で怖さを出せたかと言えば疑問符が付く。この日の中村は安全第一で、攻撃のスイッチになるようなスルーパスやサイドチェンジは皆無に等しかった。正確なパスワークで山形のハイプレスをいなしても、守備網に風穴を開けるほどのプレーはなかったのだ。
 
 確かにセットプレーではなにかやってくれそうな雰囲気を醸し出していたが、流れのなかから決定機に絡んだ回数はゼロ。これならトップ下で起用したほうが断然良かったと、そんな見方もあるだろう。
 
 中盤をある程度コントロールしていたものの、試合を支配するほどのインパクトはなかっただけに、中村をボランチに固定すべきかについては現時点で結論を出しにくい。しかし、仮に次節もボランチで先発出場したとして“つなぎ役”に終始するなら、「やはり中村はトップ下で使うべき」だと思う。
 
 中村に求められているのは単なるつなぎ役ではなく、攻撃もオーガナイズできるような仕事。もちろん本人には、チームのオフェンスを改善するうえで確かなイメージがある。
 
「監督はダイレクト、ダイレクトと言うけれど、選手間の距離が広いとパン、パン、パンって感じでつなぐのは難しいし、毎回ダイレクトでは厳しい。大切なのは、そういう形に持っていくためのボールの引き出し方とかかな。単なる遅攻のボール回しではなくて、窺うボール回し。良い選手は揃っているし、良い角度でパスをもらえたりすれば、2が3になり、4になるはずだけどね」
 
 ピッチにいても俯瞰的にチームを見られる一種の空間把握能力は、中村にとってかけがえのない武器だ。
 
 年齢からくる衰えは否めないにせよ、錆びないテクニックと卓越したインテリジェンスに加えて、その空間把握能力もあればピルロの領域とは言わないまでも、“レジスタ中村”として新境地を開拓できる可能性は十分にある。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ