• トップ
  • ニュース一覧
  • 降格ジンクスのデスゴール…「あまりいい気分ではなかった」本当の理由とは? J功労選手賞・前田遼一氏の“幸せだった”現役時代

降格ジンクスのデスゴール…「あまりいい気分ではなかった」本当の理由とは? J功労選手賞・前田遼一氏の“幸せだった”現役時代

カテゴリ:Jリーグ

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年12月13日

各チームを恐れさせた“デスゴール”。嫌だった本当の理由は…

2010年のナビスコカップで起死回生の同点弾。その後チームは逆転し、2度目の優勝を飾った。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 日本を代表する二人のストライカーの背中を追い続けた磐田での日々。「足も速くなかったので、大事にしていたのは動き出しのタイミング。DFと駆け引きをするなか、そういう部分で勝負していたかな」と振り返る。J1リーグ通算154得点のなかで、前田氏にとって思い出深いゴールとは? そしてあのジンクスについても語っていただいた。

――◆――◆――
 

優勝したナビスコカップでは大会MVPを獲得した前田氏。右は日本を代表するレジェンドGKの川口能活氏。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

――最も印象に残っているゴールを挙げるとすると?

 現役時代を振り返って最も印象に残っている得点は、やはりナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)決勝戦でのゴールです(※2010年大会で磐田が5-3で広島に勝ち、2度目の優勝を飾った)。1-2で負けていて、そこからアディショナルタイムに追いついた時のゴールは自分の中ですごく印象に残っています。

――そこまで印象に残っていた理由は?

 ゴール自体は、GKが弾いたのを押し込んだだけでしたけど、結局その後チームは逆転して優勝したので、形はどうあれサポーターも含めてみんなが望んでいたゴールを獲れたという意味では、自分の中で最も思い出深いゴールです。

――前田さんと言えば、シーズンの最初にゴールを決めたチームがJ2に降格するというジンクスが、いわゆる“デスゴール”というネーミングとともに一時期話題になりました。新聞やテレビでも取り上げられましたね。

 ありましたね、そんな報道も(笑)。ただ、そういう言い方をされるのは、決して気分のいいものではなかったです。

――当時は、「相手チームにも失礼」という見方もチーム内にはあったようですが、前田さん自身はどう受け取られていたのでしょうか。

 僕の受け取り方は少し違っていて、ゴールを奪ったそのチームが、そのシーズンに降格するということは、リーグで強くなかったチームということになる。結局シーズンの最初はいつもそういうチームからしか点が獲れない、と思われているような気がしていて。つまり、強いチームから点が獲れない選手って言われている感じがあって、それであまりいい気分ではなかったんです。

――しかし、154得点も挙げるなかで、相手が弱いチームばかりということはなかったでしょう。

 あとは、けっこう僕はスロースターターみたいな感じでも言われていましたからね。シーズンの序盤はなかなか点が獲れなくて。最初は“降格するようなチームからしか点が獲れない選手”という風にも受け取っていたんですよ。
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
“怪物”平山相太が現役時代に凄いと思った3人の選手。「どんだけ自分はニセモノなんだ」と痛感した本当の怪物とは?
「いい選手ですよ」内田篤人がA代表入りを期待するパリ五輪世代の逸材は?「J2に落ちちゃったけど…」
【Jアウォーズ】ベストイレブン発表! 王者川崎からは谷口、家長ら最多7人が選出!
「大久保さんの前で決められたことが嬉しい」最優秀ゴール賞は柿谷曜一朗の圧巻オーバーヘッド弾! 古巣相手に決めた天才的な一発!!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ