3日前に「平均以下」と評された古橋亨梧が汚名返上の一撃! 英国人記者が目を瞠ったプレーとは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

スティーブ・マッケンジー

2021年10月21日

「彼はもうとっくにヒーローなのだ」

ELのフェレンツバロシュで躍動した古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 10月19日に行われたヨーロッパ・リーグは、セルティックに所属する古橋亨梧にとって、先週土曜日に行なわれたマザーウェル戦で「不甲斐ない」と評されたパフォーマンスを挽回する、絶好の機会だった。

 火曜日の午後3時30分にキックオフされた試合で、開始直後の古橋のパフォーマンスは非常に控えめだった。フェレンツバロシュのDFにしっかりとマークされ、簡単にはボールを扱えないようにされていたのも大きいだろう。

 チームメイトとの連係がいまいちであることも透けて見え、後半の早い段階で得た絶好機はオフサイドで台無しになった。どうも身体が重そうに見えたのが正直な感想だ。

 そんななかでも、彼はゴールを狙える位置に常にポジションを取っていた。そして57分に、それまでの出来から見違えるようなプレーを見せる。味方からのロングパスに反応し、完璧なファーストタッチでボールを収め、右足でゴールを決めたのだ。セルティック加入後の9点目となるこの先制点で、おそらく彼自身も安堵しただろう。
 
 85分で交代した古橋には、サポーターからスタンディングオベーションで労われた。以前、私は彼をセルティックの新たなヒーロー候補であると評したが、もうとっくにヒーローとなっているのは、このシーンからも分かる。

 包み隠さず明かせば、マザーウェル戦での古橋のパフォーマンスを『サブ・パー(平均を下回ることの意)』と評した現地メディアもあった。これまでの素晴らしい活躍に比べれば、確かに物足りなさはあった。日本代表戦に参加した疲れや、ケガ明けの影響もあったに違いない。だが、フェレンツバロシュ戦のパフォーマンスは、日本人ストライカーが再び軌道に乗ったことを示した。

 ところで、スコットランドでは古橋の成功を喜ばしく受け止めており、アンジェ・ポステコグルー監督がいったい次に誰をJリーグから連れてくるのか、非常に注目を集めている。“第二のキョウゴ”の出現こそが、リーグタイトル奪還を実現する最後のピースとなるはずだ。

取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

【動画】抜群の得点感覚で奪った古橋の「胸ゴール」をチェック

【PHOTO】移籍直後から得点量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「センセーショナルなタッチだ」古橋亨梧の圧巻トラップ→絶妙先制弾をセルティックのレジェンドFWが激賞!
「ワールドクラスの動きだ」古橋亨梧の“完璧トラップ弾”をポステコグルー監督が激賞!「彼には才能がある」
古橋亨梧の“鮮烈先制弾”に現地観戦のアルバニア大統領もまさかの熱狂!「素晴らしいスタートだ」
「トミヤスは本当にいい引き立て役だ」冨安健洋を辛口のG・ネビルが絶賛! クラブ史上最高額DFが活躍できるのは「彼のおかげ」
「フルハシは正直なだけ」古橋亨梧への批判に元英代表DFが同情!「セルティックが踏み台なのは全員が知っている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ