「GKより少ない」古橋亨梧のタッチ数わずか16回に現地衝撃!「印象に残らなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月17日

82分までプレーしてシュートは1本

オーストラリア戦から中3日でスタメン出場した古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月16日に開催されたスコットランド・リーグ第9節で、古橋亨梧が所属する6位のセルティックは、4位のマザーウェルと敵地で対戦。2‐0で勝利を飾った。

 日本代表の一員として、7日のサウジアラビア戦、12日のオーストラリア戦に途中出場した古橋は、移動も含めて中3日という過密スケジュールでも先発出場。献身的な守備でボールを奪い、17分の先制ゴールの起点となったものの、ノーゴールに終った。
【動画】古橋の献身的な守備が起点に!セルティックがカウンターから奪った先制点

 現地サイト『FOOTBALL FANCAST』は「セルティックが勝ったにもかかわらず、フルハシは印象に残らなかった」と題した記事を掲載。「勝利したが、(アンジェ)ポステコグルー監督はフルハシのパフォーマンスに懸念を抱いているかもしれない。日本代表はセルティックの前線をリードしながらも、かなり厳しい午後に耐えることになった」と綴った。
 
 さらに同メディアは、精彩を存在感が希薄だったのは「数字も表われている」と指摘。驚きのスタッツを紹介している。

「82分間のプレーで、180万ポンド(約2億6000万円)の評価を受けた男は、『Sofa Score』によればシュートは1本しかなく、タッチ数はわずか16回で、GKのジョー・ハートの27回より少なかった。パス成功数はわずか7本だった」

 記事は、データサイト『Sofa Score』が算出した日本代表FWのレーティングが「6.6点」で、セルティックのスタメンの中で最低だったとも伝えている。

 この試合までの公式戦11戦で8ゴールと爆発していた古橋。期待が大きかっただけに、失望感があったのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】移籍直後から得点量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「わからん? わかるでしょ」本田圭佑が長谷部誠との“口論”を回顧! 「価値観が合わないのは…」
「スーパー・ミトマ」鮮烈ハットで“救世主”となった三笘薫に現地メディアも驚嘆!「悪魔の活躍だ」
「フルハシは謝罪すべき」古橋亨梧の発言を元英代表FWも批判! ファンやメディアからは擁護の声「彼はスケープゴートにされた」
「フルハシは正直なだけ」古橋亨梧への批判に元英代表DFが同情!「セルティックが踏み台なのは全員が知っている」
「軽視されている」本田圭佑がサッカー界の“悪しき慣習”に苦言!「野球やアメフトに比べてレベルが低い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ