【韓国メディアの反応】なでしこジャパンの4強入りを賞賛。自国の女子サッカー強化の「お手本に」と言う声も

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2015年07月01日

「驚くべき守備の集中力を発揮しており、目を引かせる」(専門誌『ベストイレブン』)

韓国メディアもなでしこジャパンの4強入りを好意的に報じている。(C) Getty Images

画像を見る

 カナダで行なわれている女子ワールドカップ。連覇を目指す“なでしこジャパン”の戦いぶりは、韓国でも次のように報じられている。
「オランダ下した日本、ディフェンディング・チャンピオンは強かった」(総合ニュース『TVメディア』)
「しっかりした日本、豪州越えて準決勝進出」(専門誌『月刊ベストイレブン』)
「優勝候補の日本、4強へ。アジアで唯一」(スポーツ新聞『イルガン・スポーツ』)
 
「勝つ術を知っているなでしこジャパン」と題した記事も掲載した専門誌『ベストイレブン』は、こんな評価をしている。
「オーストラリアを下して準決勝に進んだ日本は、フランス、ドイツ、アメリカのような大量点による勝利こそないが、これまで挙げた7得点すべてが異なる選手から生まれている。それはすなわち多様な得点ルートを通じて勝利を掴んでいる証しであり、印象的だ。 また、派手さは欠くものの、相手の攻撃に揺さぶられることはない驚くべき守備の集中力を発揮しており、目を引かせる」
 
 韓国も“なでしこジャパン”の粘り強さに感嘆しているようだが、韓国メディアが“なでしこジャパン”を取り上げるのは彼女たちの試合結果についてだけではない。同じく女子ワールドカップに出場した韓国女子代表の今後について論じる際にも、日本女子サッカーのスタイルが“お手本”として取り上げられている。
 
「アジア人として不利にならざるを得ない体格条件やフィジカル能力を、技術などで乗り越える日本女子サッカーの活躍は、韓国女子サッカーにも良いお手本になる」(総合スポーツサイト『エックスポーツニュース』)
 
 韓国女子は今回のカナダ大会で、2003年大会以来2度目の女子ワールドカップ出場を果たしている。初出場時は3戦全敗だったが、今大会ではグループリーグでスペインを相手にワールドカップ初勝利を飾り、初の決勝トーナメント進出も成し遂げた。
 
 決勝トーナメントではラウンド16でフランスに0-3で完敗したが、その健闘ぶりは大きく称えられ、帰国式典まで行なわれたほど。ただ、さらなる飛躍のために環境改善が急務だともされ、その模範例として挙げられているのが日本における女子サッカーの環境や“なでしこジャパン”の強化方法だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ