【セルジオ越後の天国と地獄】王手をかけたなでしこジャパン。最高の形で大会を終えたいね

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年07月02日

組み合わせに恵まれたけど、粘り強い戦いぶりは評価できるね。

澤にとっても今大会は節目。連覇を飾れば最高の花道になる。写真:Getty Images

画像を見る

 なでしこジャパンが、2大会連続でのワールドカップ制覇に王手をかけたね。前回大会を制した不動のメンバーを戻して、ぶっつけ本番に近い大会だったけど、粘り強く決勝まで辿り着いた。彼女たちの健闘に拍手を送りたいよ。
 
【女子W杯PHOTOギャラリー】なでしこジャパン「激闘の軌跡」

【PHOTOギャラリー】「なでしこvsアメリカ」激闘の歴史

 ただ、組み合わせに恵まれた面もあったよね。グループリーグで同居したカメルーン、スイス、エクアドルはいずれも格下で、1位通過は難しくなかった。
 
 ラウンド16もオランダが相手。加えてブラジルがラウンド16で敗れたために、準々決勝の相手はオーストラリアだった。準決勝で対戦したイングランドも含めて、強豪と言えるチームとは当たっていなかったんだ。それでも苦戦したからね。なでしこジャパンの力なら、もっと楽に勝ち上がることができたはずだ。
 
 もっとも、守って少ないチャンスをものにする戦いぶりは、良い意味での必死さを感じさせたよ。放り込みでチャンスをうかがってくる相手に対して、パスの出どころを抑えたり、サイドで数的優位を作って上手く対応していた。
 
 クロスバーに救われた場面もあったけど、それは前回大会でもあったこと。彼女たちの気迫が最後のところでゴールを割らせなかったんだ。
 
 決勝で対戦するアメリカも世代交代が遅れていて、前回のドイツ大会やロンドン五輪のメンバーが主力を張っている。当時とほとんど同じ顔合わせになるようだから、そういう意味でも楽しみだね。
 
 なでしこジャパンにとって、この大会はひとつの節目だ。長く代表を支えてきた澤は、おそらく今回が最後の大会になる。彼女の他にも世代交代の波に飲み込まれる選手がいるだろう。
 
 それに、前回のワールドカップ優勝でなでしこフィーバーが起き、女子サッカーが盛り上がったよね。優勝すれば、今回も同じことが期待できるよ。女子サッカーの競技人口が増えて、そのなかから第2の澤が現われる可能性だってあるんだ。
 
 今後の女子サッカー界を活性化する意味でも、最高の形で大会を終えてほしいね。
【関連記事】
【女子W杯】女王らしさを見せつけたなでしこのビルドアップと采配術
【女子W杯】ロスタイムでの劇的な勝ち越し弾! イングランドに競り勝ったなでしこが決勝進出!!
【女子W杯】笑顔を取り戻した川澄奈穂美が見据える、アメリカとの頂上決戦
【女子W杯】飛躍する「黒子レフティ」、宇津木の輝き
【韓国メディアの反応】なでしこジャパンの4強入りを賞賛。自国の女子サッカー強化の「お手本に」と言う声も
【女子W杯】逆境に燃える岩清水が連覇への道を切り拓く
【女子W杯】ベスト4へ導いた岩渕の”特別なゴール”。劇的な一撃を宮間が評価する理由とは? 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ