【女子W杯】笑顔を取り戻した川澄奈穂美が見据える、アメリカとの頂上決戦

カテゴリ:日本代表

馬見新拓郎

2015年07月02日

指揮官も認めた試合終盤での鋭い動き。

オーストラリア戦に続き、イングランド戦でフル出場した川澄。決勝へ向けコンディションは上がっている。(C) Getty Images

画像を見る

 決勝進出を目指した日本とイングランドの一戦はそれぞれ1本ずつPKを決め合い、1-1のまま90分が経過していた。
 
【女子W杯PHOTOギャラリー】なでしこジャパン「激闘の軌跡」

【PHOTOギャラリー】「なでしこvsアメリカ」激闘の歴史

 メインスタンドから見て左手にある日本ベンチは、延長戦に備え慌ただしさを増していた。控え選手たちが氷を持ち出してポリ袋に入れ、後半終了とともにベンチに下がってくる選手たちの身体を冷やそうと準備を進めていた。しかし、それは試合後の選手の疲れを癒すためのアイシングとなった。
 
 第4審判が後半アディショナルタイム「3分」を掲示してからまもなく、日本の勝ち越し点が決まる。終了間際、相手のオウンゴールを呼び込んだのはMF川澄奈穂美だった。
 
「熊谷選手がボールを持った瞬間に、右SBの有吉選手にボールをつけるという選択肢もあったと思うけど、熊谷選手が私のほうを見てくれて、ボールを送ってくれた。そして相手のSBがプレスに来ないで下がっていったので、前に向かおうと思った」
 
 右サイドで2回ボールを触った川澄は、右足ですかさずアーリークロスを入れる。するとゴール前に走り込んだFW大儀見優季を警戒したイングランドのDFバセットが右足でクリアをし損ない、ボールはクロスバー右を叩いてゴールへ。
 
 ゴールラインテクノロジーによっても日本の決勝点が認められ、なでしこはまたも試合終了間際に勝利を手繰り寄せた。
 
「彼女(バセット)がボールに触らなければ、(その先で)大儀見が待っていましたから、オウンゴールはしょうがないと思う。いずれにしてもゴールが生まれるシチュエーションだったことは間違いない」と、試合後の佐々木則夫監督は得点につながるプレーを作り出したことを評価した。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】王手をかけたなでしこジャパン。最高の形で大会を終えたいね
【女子W杯】ロスタイムでの劇的な勝ち越し弾! イングランドに競り勝ったなでしこが決勝進出!!
【女子W杯】女王らしさを見せつけたなでしこのビルドアップと采配術
【女子W杯】悔しさを力に変えて――川澄奈穂美に期待したくなるワケ
【女子W杯】ベスト4へ導いた岩渕の”特別なゴール”。劇的な一撃を宮間が評価する理由とは? 
【女子W杯】飛躍する「黒子レフティ」、宇津木の輝き
【女子W杯】逆境に燃える岩清水が連覇への道を切り拓く
【韓国メディアの反応】なでしこジャパンの4強入りを賞賛。自国の女子サッカー強化の「お手本に」と言う声も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ