冨安健洋が現地サイトのプレミア“新戦力ベスト11”に選出! リーグTOP5のスタッツに注目「この日本代表は強い」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月15日

アーセナルから3人が選出

平均レーティング「6.92点」とハイアベレージを叩き出した冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 その活躍ぶりは数字にも表われている。

 欧州を中心に、サッカーにおける様々なスタッツを集計しているデータサイト『Whoscored.com』が10月14日、独自のレーティングに基づくプレミアリーグの新戦力ベスト11を発表。アーセナルの冨安健洋が右SBで選出された。
【画像】C・ロナウドがまさかの選外! 『Whoscored.com』が選出したプレミアリーグの新戦力ベスト11

 ここまで4試合に出場している日本代表DFは、とりわけ最初の3試合でプレミア初挑戦とは思えないハイパフォーマンスを披露。ファン投票によるクラブの月間MVPに輝く活躍を見せた。
 

『Whoscored.com』の平均レーティングは「6.92」点。「この日本代表は空中戦に強く、今シーズンのプレミアリーグで15回以上の空中戦をした106人のプレーヤーの中で、5番目に高い75%の成功率をマークした」と寸評が添えられている。

 アーセナルからはGKのアーロン・ラムスデイルとCBのベン・ホワイトと、合わせて3人が選出。12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドに復帰し、4戦3発のクリスチアーノ・ロナウドは選外となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】 現地番記者が選ぶ「過去20年のアーセナル・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【関連記事】
「俺はあの人がいちばん好き」内田篤人が“最もお気に入りの選手”を明かす!
「フルハシは謝罪すべき」古橋亨梧の発言を元英代表FWも批判! ファンやメディアからは擁護の声「彼はスケープゴートにされた」
「彼がスタメンじゃなくて驚いた」本田圭佑の日本代表に関する発言を英紙が報道!「なぜもっと使われないのか…」
冨安健洋の活躍で“前任者”ベジェリンはベティスに完全移籍か。「トミーを5分見れば、戻ろうと思わない」
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ