主力組の議論の光景にジーコ体制の一件を想起… 森保監督と選手たちの意思疎通に落とし穴はないか?

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2021年10月10日

ランニングの後、サブ組の練習が強度を上げる傍らで、冨安と吉田、長友、酒井、遠藤が話し合いを始めた

練習の合間に議論を行なう主力組の選手たち。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 7日(日本時間8日未明)のサウジアラビア戦(ジェッダ)のショッキングな0-1の敗戦から1日半。12日の次戦・オーストラリア戦(埼玉)に向け、チャーター便でいち早く帰国した日本代表は9日夕方、千葉県内で仕切り直しのトレーニングを実施。2022年カタールワールドカップ(W杯)出場権獲得に向け、チーム全体が今一度、ギアを入れ直した。

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 練習自体はサウジ戦のスタメン10人がクールダウン、GK権田修一(清水)を含むサブメンバー15人が横内昭展コーチの指導の下でボール回しやゲーム形式のメニューを行なった。

 こうした光景はいつも通りだが、重苦しいムードが感じられたのは確かだ。ランニング中の吉田麻也(サンプドリア)や長友佑都(FC東京)、柴崎岳(レガネス)の表情は硬く、最終予選序盤3戦で2敗という事態の深刻さが色濃く窺える。

「一人ひとりが勝ちたいと思っているし、W杯に行きたいという気持ちはある」とこの日メディア対応した冨安健洋(アーセナル)も神妙な面持ちでコメントしていたが、そのためにどうしたらいいのかを彼らは考えあぐねている様子だった。

 ランニングの後、サブ組の練習が強度を上げる傍らで、冨安と吉田、長友、酒井宏樹(浦和)、遠藤航(シュツットガルト)が話し合いを始めた。そこに南野拓実(リバプール)も加わり、10分以上の議論が続いた。

「どうボールを動かすかは全選手が共有しないといけないと思います。サウジ戦でも航君が持った時に相手センターバック(CB)が消しに来ているのは感じていた。そこで今、誰がフリーなのかを感じ、どうボールを届けるかを考えて、やっていかないといけない。あとサイドチェンジも後半は足りなかったし、スローインのところでのボールロストも多すぎる」と冨安は問題点を指摘していたから、そういったことを伝え、彼らなりに正解を導き出していたのだろう。

「ウチのピンチはマイボールをボールロストしたところから攻め込まれるのがほとんど。相手がビルドアップをしていて、そこから何本もつながれて数的優位を作られてというのはほとんどなかった」と最後尾の権田も言及する通り、間違いなくこの劣勢の最大要因はボールを簡単に失いすぎることにある。

【PHOTO】運命のオーストラリア戦に向けて、サウジアラビアから帰国初の練習を実施!
【関連記事】
【セルジオ越後】ハリルの時なら終わっていたが…次に勝てなかったら協会が刺激を与える番
「日本の世論は爆発している」森保監督の去就問題に中国メディアも見解!「豪州戦で勝てなければ90%解任」
「ビックリした」FC東京の長谷川監督が代表監督リストアップ報道に言及!「アプローチは…」
「ヨシダは真のリーダーだ」“差別的行為”に激怒した吉田麻也の振る舞いを海外称賛!「彼のカリスマ性を示した」
「日本で炎上中」日本代表の森保監督をめぐるファンの“解任要求”に米メディアも着目!「彼が耐えられればの話だが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ