「イタリアでは絶対にない」冨安健洋が明かしたセリエAとプレミアの“違い”。「イングランドのほうがハイレベル」と語ったのは?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月06日

「テーマ」として挙げたのは…

セリエAとプレミアリーグの違いについて言及した冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏にボローニャからイングランドの名門アーセナルへ移籍を果たした冨安健洋が、セリエAとプレミアリーグの“違い”について語っている。

 ベルギーのシント=トロイデンで研鑽を積み、19年夏にイタリアへ渡った日本代表DFは、1年目は主に右SB、2年目は主にCBでプレー。“守備の国”で名CBだったシニシャ・ミハイロビッチ監督の指導を受け、ビッグクラブが注目する存在へと成長を遂げた

 そして、アーセナルへとステップアップ移籍を果たした22歳は、DAZNで配信中の『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で紹介された独占インタビューで、プレミアリーグについて「試合のインテンシティはセリエAより高いと思う」と語った。

「(デビュー戦となった)ノーリッジ戦の最初の方にスライディングタックルを食らったんでけど、セリエAでは絶対にないタックルだと感じた。インテンシティや球際はプレミアリーグのほうがハイレベルだと思います」
【動画】ピンチを救った冨安とラムスデイルが2人で…大反響の胸熱シーン
 
 それでも、最初の3試合では、何シーズンもプレミアでプレーしているかのような堂々としたプレーを披露。「ドリブルで一度も抜かれていない」というスタッツも話題となった。ただ、本人は競争が厳しいビッグクラブでは常に好パフォーマンスを維持する必要があると考えているようだ。

「試合で周りを納得させるようなプレーをしないといけない。チームメイトやファン・サポーターに自分の価値を証明しなければいけない。継続することと価値を証明することを、テーマとしてやっていきたい」

 このインタビューの後に行なわれた自身4試合目のブライトン戦では、対峙したスペイン代表DFマルク・ククレジャとのマッチアップで後手に回り、初めてネガティブな評価をする現地メディアも少なくなかった。

 ただ、挑戦は始まったばかり。これまでもプレミアのスピードやインテンシティに慣れるまでに時間がかかった選手はごまんといた。それに比べれば、順調すぎるほどのスタートと言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「初めて見たが、感銘を受けた」冨安健洋の守備に辛口のネビルも感嘆! レジェンド右SBが称賛したプレーは?
「代表に復帰できると思う」本田圭佑が“元日本の10番”の復活に太鼓判!「ドリブルの質はトップクラス」
「トミヤスはCBの選手だろう?」元英代表MFが冨安健洋の起用法に疑問符「トッテナム戦は印象的だったが…」
「ホンダさん、俺は悲しいよ」内田篤人の“苦言”に本田圭佑が謝罪「アツトには申し訳なかった」
「アンチェロッティが彼に気付いた」マドリーの17歳・中井卓大のトップ練習招集に現地メディアも注目!「卓越したテクニックを備えた真珠」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ