【柏】「たかが勝点1、されど勝点1」。仙台にドローでもポジティブな理由「より前線に人数が」

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年10月02日

「敵の長所を消す」から「自分たちの特長を生かす」へ

同点ゴールを決めた神谷(39番)を軸に、仙台戦では厚みのある攻撃をできていた。写真:田中研治

画像を見る

「たかが勝点1、されど勝点1」

 1-1に終わった仙台戦後、ネルシーニョ監督はそう話し、「非常に重要な勝点1」とも繰り返した。結果だけ見ればJ2降格枠にいるチームとドローでネガティブに見えるかもしれないが、確かに指揮官の言うとおりポジティブなゲームだった。

 最大の理由は戦い方にある。

 これまでは敵の長所を消す戦術を重視し、とりわけ後半戦は3バックで守備偏重の戦いぶりが目立った。だが前節・G大阪戦の後半からは4バックに変更し、仙台戦では4-4-2システムでスタート。最終ラインからボールをつないで主導権を握り、特に後半は敵陣で猛攻を仕掛け続けた。ポゼッション率55パーセント、シュート数20本(仙台は10本)というスタッツがなによりの証明だろう。

 仙台戦で前半はボランチ、後半はトップ下で活躍したマテウス・サヴィオも、4バックへの手応えを語っていた。

「4バックにすることによって、より前線に人数をかけ、ゴールに近づけるような形にできたと思います」
 
 変化を端的に表現するなら、「敵の長所を消す」から「自分たちの特長を生かす」へ。象徴的だったのがCBに古賀太陽とエメルソン・サントスを置いた起用法だろう。両者ともに守備時のマークの受け渡しには長けていない反面、攻撃時のビルドアップは得意。案の定、失点はしたものの、一方でCBからの配給はかなり効いていた。

 今季、5バックでリトリートしても守り切れないゲームが多々あった現状では、守備改善の兆しがハッキリとは見えていない。だったら、「攻撃の時間を増やす」が今つけられる良薬かもしれない。その観点でも4バックで自分たちの特長を生かす戦い方はポジティブに映る。またチャンスの度に会場が沸く光景から「これこそエンターテインメント」とも思った。

 もっとも、勝点1で満足してはいけない。同点弾を決めた神谷優太は「もっと崩し切るには早いボールの動かし方を」「もっと動かして相手を疲れさせるプレーができたら」と改善点を炙り出す。そして「逆転するには何が足りませんでしたか?」との質問には、次のようにキッパリと答えた。

「最後の質だと思います。結局最後の質が高ければ高いほど点は入りますし、そこは僕自身もそうですけど、もっともっと質にこだわって練習からやっていけたらいい」

 終盤戦は改善点をハッキリ言える神谷の活躍に期待したい。と同時に、残留が確定していない現状は、未来の話はまだ懐にしまっておくべきだと分かっていても、「決定力のあるFWを補強すべき」との想いが心の奥底にある。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
柏が神谷の2試合連発弾で同点に!富樫のゴールで先制した仙台と勝点1を分け合う
【J1採点&寸評】柏1-1仙台|同点弾の神谷がMOM! M・サヴィオや富樫、計5名を「6.5」と高評価
ブレイクの予感が高まる19歳FW。苦しむ柏の“救世主”になれるか
【連載・東京2020】神谷優太/前編「プロになるのは当然。その先を見据えていた」
【柏】クリスティアーノが“無双モード”に突入か。理由となる本人の強気コメントが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ