知念が劇的決勝弾!!苦しんだ川崎が湘南に2-1で競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年09月26日

ミスが多かった川崎に対して湘南がチャンスを作る

後半アディショナルタイムに知念が劇的な決勝弾!!右からのクロスにヘッドで合わせた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第30節]川崎2-1湘南/9月26日/等々力

 9月26日、J1の30節、川崎と湘南の一戦が等々力陸上競技場で行なわれた。

 首位を走る川崎はリーグ戦では約4か月ぶりのホームでの試合。サポーターの後押しを背に3連勝を目指した。一方の湘南はコーチから昇格した山口智体制での3試合目で、新指揮官の下での初勝利を目指した。

 4日前のアウェー・鹿島戦はアカデミー出身の宮城天の劇的勝ち越し弾で勝利した川崎は、スタメンを大幅に変更し、システムも従来の4-3-3ではなく4-4-2を採用。GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根視来、山村和也、車屋紳太郎、旗手怜央、中盤はボランチに谷口彰悟、脇坂泰斗、サイドハーフは右に遠野大弥、左に宮城、縦関係になることの多かった2トップには小林悠、知念慶が入った。

 対する湘南は3-5-2。GKは谷晃生、3バックは右から舘幸希、石原広教、杉岡大暉、アンカーは田中聡、ウイングバックは右に岡本拓也、左に畑大雅、インサイドハーフに茨田陽生、平岡大陽、2トップに大橋祐紀、町野修斗が入った。 

 9分には相手の後方でのボール回しのミスを突いた川崎がつなぎ、小林がシュートを放つもGK谷がセーブした。

 すると徐々に湘南がチャンスを掴み、15分には先制に成功する。高い位置でボールを奪うと、左サイドで平岡がボールを持つと、大橋へつなぎ、大橋がペナルティエリアの左を突破。クロスはDFにあたりながらGKの前に転がると、走りこんだ田中が合わせてゴールを奪った。

 その後は連戦の影響か川崎がミスを連発。湘南がカウンターから好機を作るも決め切れず、湘南が1点をリードして前半を折り返した。

田中(32番)のゴールで先制した湘南。多くのチャンスを作った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

川崎が湘南に2-1で勝利。旗手は同点ゴールを決めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 川崎はハーフタイムで3人を交代。谷口に代えて橘田健人、遠野に代えて登里享平、宮城に代えてマルシーニョを投入し、システムも4-3-3に戻した。

 それでもなかなか流れは変わらず、湘南がチャンスを作ったが、65分に旗手が同点ゴールを奪う。右サイドからの山根のクロスに旗手がエリア内でヘッドで合わせてネットを揺らした。

 その後は互いにゴールを奪えない展開が続く。しかし川崎は2試合続けてドラマチックなエンディングを迎える。90+4分に右サイドの家長昭博のクロスを知念がヘッドで合わせて、劇的な決勝弾をマーク。苦しんだ川崎が湘南に逆転勝利を収めた。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第30節PHOTO】川崎2-1湘南|等々力劇場健在!知念の決勝弾で川崎が逆転勝利!
 
【関連記事】
「ハセベの居場所がない」今季未勝利のフランクフルトで、長谷部誠は出場機会に恵まれず。現地紙が疑問符「彼は犠牲者だ」
マドリーの17歳MF中井卓大が絶妙のスルーパスで“決勝ゴラッソ”を演出! その姿はモドリッチの如く…
「残念、本当に残念だ。クボは落胆していたよ」久保建英の故障離脱にマジョルカ指揮官が嘆き!「怪我の期間については…」
ピッチに座り込んだ冨安健洋にアーセナルの同僚と監督が…バーンリー戦後の“胸アツ”動画が大反響!
「タキが帰ってきた!」南野拓実の今季初ゴールにリバプールファンが歓喜!「なぜ彼をもっとプレーさせないんだ?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ