【岩本輝雄】最下位の横浜FCが貴重な勝点1。2位マリノスと互角の勝負を演じられたワケ

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年09月26日

マリノス戦のような戦いを今後も続けられれば…

後方で巧みなラインコントロールを見せた高橋。味方への的確なコーチングなど、その存在感は際立っていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 見応えのあるゲームだったね。横浜FCとマリノスの“ヨコハマ・ダービー”は2-2のドロー決着。印象としては、上位チームを相手に逆転されても粘り強く追いついてみせた横浜FCの戦いぶりはポジティブに映った。

 横浜FCは最終ラインを高くして、相手にスペースを与えないようにコンパクトさを保つ。マリノスのキーマン、マルコスにボールが入れば、すかさずチェックに行って自由にさせない。

 とにかく相手選手に対して、どんどんアプローチしていく強度の高いプレーを、チーム全体でできていた。体力的にはかなり厳しかったはずだけど、一人ひとりが手を抜かずに自分のタスクを全うして、ファイトし続ける。

 なかでも3バックのセンターに入っていた高橋秀人の存在感は際立っていたよね。ライン設定は強気だけど無謀ではなく、状況に応じて巧みにコントロールする。味方にも積極的かつ的確な指示を出す。クレバーな振る舞いがチームを支えていた。

 2得点のサウロ・ミネイロも素晴らしかった。強くて速くて、決定力もある。65分には後方からのロングボールに右サイドで抜け出して、マークにつく岩田をぶっちぎって、豪快なシュート。惜しくも逆サイドのポストに弾かれたけど、迫力あるプレーだった。

 そのサウロ・ミネイロのゴールで前半に先制して、後半にマルコス、前田に決められて試合をひっくり返されるけど、終盤に再び、サウロ・ミネイロの得点で同点に。残留争いで苦しむなか、価値ある勝点1を掴み取った。
 
 依然として最下位に沈んでいるけど、マリノス戦のような戦いを今後も続けられれば、十分に可能性はあるのではないだろうか。残り8試合、意地を見せてほしい。

 一方、首位フロンターレを追走する2位のマリノスにとっては手痛い引き分けになった。前半は苦戦。でも、後半に入って盛り返して同点に追いつき、その後、渡辺皓太の退場でひとり少なくなっても、数的不利を感じさせずに前田のゴールで逆転してみせたのは、さすがだなと思った。

 でも、そこで勝ち切ることができなかった。自分たちに何か問題があったわけではなく、この日は横浜FCの出来を褒めるべきだと思うけど、前節のグランパス戦も落としているし、優勝争いで少し足踏みしてしまった。

 横浜FCと同様、終盤戦でどれだけ奮起できるか。最後までリーグを盛り上げてほしいね。

【サポーターPHOTO】ニッパツ三ツ沢球技場に駆けつけ、選手を後押しした横浜FCサポーター!

【PHOTO】劇的同点弾含む2ゴールと大活躍!横浜FCに勝ち点をもたらしたサウロ・ミネイロ!

【J1第30節PHOTO】横浜FC2-2横浜|サウロ・ミネイロが劇的同点弾!白熱の横浜ダービーはドロー決着!
 
【関連記事】
“横浜ダービー”は2-2の痛み分け! 横浜FCはS・ミネイロの2ゴールで勝点獲得! マリノスは手痛いドローに
「上手すぎて震えた」フットサル転向の松井大輔の華麗な足技に脚光!「テクが凄い」
「ロナウドが蹴らなかったのは驚きだ」リーグ戦初黒星のユナイテッド、93分のPK失敗が物議!大きく外した後輩は「イライラしている」
マドリーの17歳MF中井卓大が絶妙のスルーパスで“決勝ゴラッソ”を演出! その姿はモドリッチの如く…
「最高にカッコいい」「ananの表紙で使えそう」本田圭佑のモデル風ポートレートにファン歓喜!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ