レアンドロの名古屋戦“肘打ち”処分が決定。FC東京の独自制裁も含め、計5試合の出場停止に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月24日

長谷川監督らの報酬自主返納も

レアンドロへ5試合の出場停止が発表された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FC東京のレアンドロが行った“肘打ち”についてJリーグおよびFC東京が処分を発表した。

 レアンドロは、9月22日に行われたJ1リーグ32節の名古屋戦で先発。1-1の同点で迎えた81分にボールを保持していた名古屋のDF中谷進之介へプレッシャーをかけに行った際に顔面を肘打ちし、VARの末レッドカードで退場となっていた。

 この事案について、FC東京はクラブの公式ホームページで以下のように声明を発表。

「FC東京では、レアンドロ選手本人と面談および厳重注意をおこない、本人も事の重大さを認識し、猛省しております。クラブとしては、Jリーグ規律委員会の処分を真摯に受け止めるとともに、クラブ独自の処分としてレアンドロ選手に対して2試合の追加出場停止および制裁金の処分を決定いたしました。あわせて関係する責任者の報酬の一部を自主返納することといたしましたので、お知らせいたします」
 
 Jリーグの規律委員会からは「日本サッカー協会競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、相手競技者と競り合った際、過剰な力を用いて右腕で顔付近を打った行為は、相手競技者の選手生命を脅かしかねない非常に危険な行為」と断ぜられ、昨年も厳重注意を行なっていた経緯も踏まえて、「3試合の出場停止」「罰金30万円」の処分が下された。

 事態を重く見たFC東京も前述の声明の通り、クラブ独自でも処分を決定。10月6日、10日に行なわれるルヴァンカップ準決勝・名古屋戦2試合の出場停止のほか、制裁金100万円を課したという。

 さらにFC東京は、大金直樹代表取締役社長の月次報酬の5%、古矢武士トップチームマネジメント部長の月次報酬の5%、長谷川健太監督の月次報酬の5%を2か月自主返納するという。

 これにより、レアンドロは9月25日の第30節・浦和戦、10月2日の31節・川崎戦、同23日の33節・鹿島戦と前述のルヴァンカップ・名古屋戦2試合の計5試合に出場停止となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】FC東京1-1名古屋|“気迫プレス”から先制弾の助っ人FWをMOMに! 名古屋守護神も高評価
「世界はニッポンに注目すべき」欧州で躍動する日本人選手を現地メディアが特集!「強豪国を脅かすのは時間の問題」
「ホンダのスキルは健在だ」本田圭佑をスドゥーバ指揮官が高評価!「唯一失った能力」として指摘したのは…
天皇杯、準々決勝の組み分けが決定!前回王者の川崎は鹿島と激突!唯一のJ2勢磐田は大分と対戦
【セルジオ越後】欧州組の序盤戦。冨安はまだ安泰じゃない!取り上げるべきは南野や三笘のゴールより…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ