天皇杯、準々決勝の組み分けが決定!前回王者の川崎は鹿島と激突!唯一のJ2勢磐田は大分と対戦

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月24日

決勝は12月19日

前回優勝した川崎は鹿島と対戦する。写真:代表撮影

画像を見る

 ベスト8が出そろった天皇杯は9月24日、オンライン上で準々決勝以降の組み分け抽選会が行なわれ、前回優勝の川崎は鹿島と、唯一J1以外で勝ち残っている磐田は大分と対戦する。

 第101回の天皇杯で8強に残ったのは、前回チャンピオンで、J1首位の川崎フロンターレのほか、Jリーグ発足以前から合わせて7度の優勝経験を誇る浦和レッズ、それぞれ5度の戴冠を果たした鹿島アントラーズとガンバ大阪に続き、セレッソ大阪(4回優勝)、名古屋グランパス(2回優勝)、同じくJ2ながら2度の優勝経験を持つジュビロ磐田、初優勝を狙う大分トリニータという顔ぶれとなった。

 抽選の結果、G大阪対浦和、名古屋対C大阪、川崎対鹿島、磐田対大分の4カードが決定した。

 準々決勝は10月27日の水曜日に行なわれ、準決勝が12月12日、決勝は12月19日に国立競技場での開催が予定されている。元日以外で決勝が行なわれるのは、2014年以来7シーズンぶり、3度目となる。なお、新型コロナウイルスの感染拡大状況等により、政府・開催自治体等から要請があった場合、日程が変更になる場合があるという。
 
 天皇杯準々決勝の組み合わせは以下の通り。
【準々決勝:10月27日】※左側がホームチーム
[A]G大阪×浦和
[B]名古屋×C大阪
[C]川崎×鹿島
[D]磐田×大分

【準決勝:12月12日】
[A]の勝者×[B]の勝者
[C]の勝者×[D]の勝者

【決勝:12月19日】

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「世界一ハンサム」「めっちゃ若い」若き日の“垢抜けない”ベッカムに大反響! マンUが公開した写真に本人も驚き
「失敗以上にファンを怒らせた」マドリー戦で痛恨ミスの久保同僚DFの行動にマジョルカサポが激怒! 本人は釈明「彼女がサプライズで…」
「クボがあまりに自由だった」久保建英の“超絶トラップ”→一瞬で抜き去られたマドリーDFに厳しい評価「日本人が…」
浦和レッズでプロになった“早熟の天才”。28歳で現役を引退してからクラブ代表として辣腕を振るうまで
「美人だからこそ似合う」大宮V・仲田歩夢の洗練されたスーツ姿に脚光!「できるビジネスウーマンみたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ