「狂ってる…」サラエボの町が“山火事”状態に! クラブ創立100周年を記念したファンの祝福が大反響

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月22日

花火を500発以上仕掛けて一斉に打ち上げるプランを決行

ジェリェズニチャルのサポーターは、熱狂的なことで知られている。(C)Getty Images

画像を見る

 ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボに拠点を置くジェリェズニチャル・サラエボが今年、創立100周年を迎えたことを記念し、ファンが祝福した様子が、世界中で反響を呼んでいる。

 ドイツ誌『kicker』やアルゼンチン紙『Ole』ら複数のメディアによれば、現地時間9月19日にその記念すべき日を迎えたクラブは、様々なイベントを実施。そのうちのひとつが、ファンが企画した、町中をあげて祝福するプランだった。

 そしてサポーターたちは当日の夜、町に花火を500発以上仕掛けて一斉に打ち上げるプランを決行。サラエボの町のあらゆる場所で花火が上がり、壮大な雰囲気に包まれた。
 
 クラブの公式SNSにはその一部の動画がアップされており、ファンらしき人物が真っ赤に染まった景色の中ではしゃぐような仕草を見せている。

 この動画は海外メディアでも拡散されて、世界中で大きな反響を呼んでいる。目にしたファンからは「狂ってる…」「まるで火事だ」「こんなことが許されているのは恐ろしくて、でも美しい」「花火の量がすごすぎる」「100周年というのはおめでたい」「ファンに愛され続けるクラブであるように」といった声が上がっている。

 現地報道によれば火事などのトラブルはなかったようだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】街中を花火が飛び交い、盛大に100周年を祝う! 視界は真っ赤に染まる…圧巻の映像をチェック!
【関連記事】
「タキが帰ってきた!」南野拓実の今季初ゴールにリバプールファンが歓喜!「なぜ彼をもっとプレーさせないんだ?」
「信じていなかった」本田圭佑の加入に、スードゥバの同僚が心境を明かす。「ミランの10番がチームに来るとは…」
「リーダーの貫禄すら漂わせた」古巣に挑んだ久保建英をマジョルカ番記者が絶賛!「特に目についた」のは決定機演出シーンではなく…【現地発】
「日本とイタリアは…」冨安健洋が各国の守備戦術の“違い”を明かす! 「海外移籍の必要性を感じた」17歳の経験とは?
「まさにアーセナルが必要としていた選手」冨安健洋への称賛やまず!「想起させる」と比較された名手は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ