契約延長交渉がまとまらないケシエはミラン退団? 後釜はポルトガル代表MFかフランスのヤングタレントか

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年09月22日

ミランは年俸の大幅アップを提示するも…

22年6月でミランとの契約が満了するケシエ。(C)Getty Images

画像を見る

 2021-22シーズンが開幕して間もないなか、すでに次の移籍マーケットに向けた動きが各国メディアを賑わせている。

 大きな注目は、今シーズン終了後の22年6年に契約が満了するコートジボワール代表MFのフランク・ケシエだ。ミランとの契約延長交渉が進んでおらず、今シーズン終了後にフリーで退団する可能性があるという。

 そんなケシエには、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーといったプレミア勢やパリ・サンジェルマンなど、各国のメガクラブが関心を示していると盛んに報じられている。

 ケシエ本人はミラン残留を希望し、ミラン側は現年俸220万ユーロ(約2億9000万円)の大幅増を決定。基本年俸500万ユーロ(ボーナスを含めれば最大650万ユーロ=約8億4500万円)の5年契約と最大限の条件を提示している。しかし、ケシエの代理人は基本年俸650~700万ユーロ+ボーナスを要求。この溝が埋まらず、契約延長交渉が一向にまとまらないのだ。
 
 ミラン側はケシエの退団に備えているようだ。スペインの『Estadio Deportivo』紙は、もしケシエとの契約延長が成立しなければ、ミランはベティスのポルトガル代表MFウィリアム・カルバリョを代役に考えていると報道。23年6月で契約が切れる準ボスマンのカルバリョを、22年1月の移籍市場で獲得するかもしれないという。

 また、イタリアの『Tuttosport』紙は、マルセイユのブバカール・カマラがミランのターゲットだと伝えている。CBでもプレーできる守備的MFは22年6月でマルセイユとの契約が満了するため、フリーでミランに加入する可能性があるようだ。

 ジャンルイジ・ドンナルンマ(現パリSG)やハカン・チャルハノール(現インテル)と、高年俸を要求する選手側に対して毅然とした姿勢を貫き、契約満了での退団を認めてきたミラン。はたしてケシエもフリーでミランを退団するのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「タキはトップクラスだ」今季初出場で圧巻2発の南野拓実をクロップ監督が称賛!「出番がなく苛立っていたか?」という質問には…
「日本の刀のように切り裂いた」初先発初ゴールの三笘薫を現地メディアが激賞!「左足で見事にねじ込んだ」
「日本じゃ絶対ない!バカげている」吉田麻也が衝撃を受けたセリエAの現実。「対応がキツかった」ストライカーにも言及
「なぜ俺たちに意見を聞かない?」イブラ、選手不在のESL構想を糾弾!「考えた奴らは間違っている」
「マヤは驚かせ続けている」吉田麻也のリーダーシップを現地激賞!「チーム全体を納得させた」2つのクオリティとは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ