背中に目がある!? 熟練の守備センスを披露した青山敏弘は柏戦の“陰のMOM”だった【広島】

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年09月19日

先制直前の展開でもベンチから「ナイス、アオ!」という賛辞の声が

柏戦で先制点をアシストした青山敏弘。出色のパフォーマンスを披露した。写真:滝川敏之

画像を見る

「青山からはあのタイミングであのパスが出てくる」

 広島の城福浩監督がそう称えれば、得点者のドウグラス・ヴィエイラも「アオからはああいうボールがくる」と同じように信頼を寄せる。柏戦で先制点を演出した青山敏弘のアシストは、まさに“らしい”パスだった。

 30分、中盤の右側でハイネルから横パスを受けた青山は、ワントラップでボールを前に置いて顔を上げる。そして相手のボランチとシャドー、2枚のCB、ふたつの間を通す絶妙なスルーパスを送り、走り込んだD・ヴィエイラのゴールをアシストした。

 針の穴を通すようアシストはもとより、先制直前の展開でもベンチから「ナイス、アオ!」という賛辞の声が聞こえた。それは自陣右サイドのスローインの時で、前線からプレスをかけてきた柏の守備にハマリかけたが、藤井智也とエゼキエウを生かしながら狭い局面をパスで打開したシーンだった。
 
 指揮官や選手から信頼される青山の豊富な経験は、やはりモノが違う。それは、守備でも表現されていた。具体的にはポジショニングだ。

 柏が最終ラインからビルドアップしている時、青山はしきりに首を振る。ボールホルダーと自身のマーク(相手のボランチ)はもちろん、敵のCFである瀬川祐輔を視界に捉えるようにしていた。

 そしてボールホルダーが瀬川に縦パスを入れようとすれば、青山はすっと立ち位置を変えてCFへのパスコースを消す。その素振りを見た相手が初動を止めて攻撃を組み立てなおせば、背番号6は自身のマークをケアできて、なおかつ瀬川へのパスを遮れる中間ポジションを取り直す。コツコツと繰り返し続けた。

 結果的には、ほとんど縦パスを入れられていないため、目立ちにくい動きではある。ただ、青山がいかに効果的な働きをしていたかは、柏の左CBで先発した古賀太陽の話を聞けば分かる。

「相手のボランチが自分たちのボランチに食いついてきた背中を狙いたいと話していましたけど、自分たちが望んでいたようなボールの配給ができなかった」

 パスコースが限られた柏の最終ラインは、やむなく空中に活路を見出した。しかし170センチの瀬川と対峙した広島の荒木隼人は186センチ。当然、後者がことごとく競り勝った。ミスマッチだったのは明らかなのに、「正直(ロングボールを)入れさせられていた」と、古賀が歯がゆい心境を明かしていた。
【関連記事】
【J1採点&寸評】柏0-3広島|ハットトリックのD・ヴィエイラがMOM! 痺れるアシストを決めた熟練の司令塔も高評価
ドウグラス・ヴィエイラがハットトリック! 広島がアウェーで柏に3-0と完勝
「めっちゃ感動」「泣けるわ」広島のMF青山敏弘と森﨑兄弟の“レジェンド3ショット”にファン感激
【広島】人柄がにじみ出る青山敏弘の気遣い。練習後に歩み寄ってきて…
「自分が知っている最高の教科書」広島・青山敏弘が手本にしてきた“名パサー”とは? 10年前のガンバ戦を回想

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ