「日本代表指揮官が興味を示した」森保一監督がデュッセルドルフを訪問と現地報道! 視察目的は田中碧と…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月18日

ドイツの世代別代表に選出された20歳MFに関心か

森保監督(右)がアベルカンプ真大(左)の将来の招集にも興味を示していると報じられた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月17日、ドイツ紙『BILD』はドイツ2部デュッセルドルフに前日、日本代表の森保一監督が視察に訪れたと報じている。

 デュッセルドルフには今夏、川崎フロンターレから田中碧が加入したほか、ドイツ人の父と日本人の母を持つアベルカンプ真大が在籍している。森保監督は、トレーニングを見学し、チームスタッフのウーベ・クライン氏や、クリスティアン・プロイサー監督と話し合う場も設けられたという。

 その場では田中だけではなく、アベルカンプについても議題にあがったようだ。日本代表側はアベルカンプに非常に強い関心を示しており、森保監督とプロイサー監督の間ではこれまでも情報交換を行なってきた、と記事は伝えている。
 
「アベルカンプはU-17、U-18の日本代表には参加経験があり、将来的に日本のフル代表への参加も否定していない。一方で、過去には『日本にルーツを持つ人間として、初のドイツ代表という夢を持っている』とも語っている。だが、ドイツよりも日本のほうが、代表選手になる可能性は格段に上がるだろう」

 また同紙によれば、日本代表の視察団はレーゲンスブルク戦も視察するという。

 20歳のアベルカンプは昨シーズン、21試合に出場して6ゴール。今季もここまで6試合で1ゴールをマークしている。そして、今年5月のU-21欧州選手権で優勝したドイツ代表に初選出された。出場機会こそなかったものの、2年後の23年大会を目指すチームにも名を連ねており、今月行なわれた予選の2試合では先発し、2連勝に貢献している。

 この逸材がどちらの代表を目指していくのか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ブンデスリーガの21-22シーズン、新キットに注目! 長谷部誠、鎌田大地、遠藤航らサムライ戦士がドイツで躍動
 
【関連記事】
「えっ? 中田英寿すげー」内田篤人が衝撃を受けた驚きの事実。日本のレジェンドが残した20年前の記録に…
「この先SBはきついと思う」内田篤人が冨安健洋のプレミアデビュー戦に独自見解「もっといい選手が…」
「日本じゃ絶対ない!バカげている」吉田麻也が衝撃を受けたセリエAの現実。「対応がキツかった」ストライカーにも言及
「本当に良い感覚を備えたDF」シャルケ指揮官が板倉滉を手放しで称賛! 感銘を受けた能力とは?
【ブンデスリーガの注目選手/後編】バイエルンの超逸材にドルトムントの新守護神etc…新シーズンを盛り上げる5人の有望株

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ