「アルテタがトミヤスを優先しろと掛け合った」英紙が冨安健洋の“駆け込み移籍”の舞台裏を明かす

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月14日

「バルサとの交換移籍が成立する寸前だった」

冨安(左)の獲得を強く希望したのはアルテタ監督だったという。(C)Getty Images

画像を見る

 9月11日にエミレーツ・スタジアムで行なわれたプレミアリーグ第4節でデビューしたアーセナルの冨安健洋。加入が発表されたのは移籍市場がクローズする8月31日で、その後に代表戦を挟んでチームに合流したのは、試合の2日前。トレーニングに参加したのはわずか1日だった。

 念願のプレミアで初先発を飾った22歳の日本人DFは、攻守で存在感を発揮。痙攣のために62分で交代したが、ピッチを去る際には、ファンからスタンディングオベーションが送られた。ミケル・アルテタ監督は試合後の記者会見で「トミのデビューはとてもポジティブ」と称えている。OBや現地メディアの評価も上々だ。

 その冨安の今夏の動向について、英紙『The Athletic』が13日付けで舞台裏を明かしている。

「トミヤスに興味を示していたのはトッテナムで、これは間違いなかった。彼はトッテナムに行く確率が高かった。一方、アーセナルのエドゥTDは、エクトル・ベジェリンとバルセロナのエメルソン・ロイヤルと交換移籍の手続きを進めていた。交渉はまとまる寸前だったが、これに待ったをかけたのが、ほかでもないアルテタだった」

【PHOTO】電撃移籍後、いきなりのスタメン出場!アーセナルで躍動する冨安健洋!
 その理由は、自らの方針と異なる戦力補強だったという。

「彼は『ロイヤルが自分の好むシステムに合うのか、フィットするのか、確信がないし、納得ができない』と直訴し、取引は停滞した。そしてトミヤスの獲得を優先しろと掛け合ったのだ。結果、ベジェリンはベティスにレンタルで渡り、ロイヤルのトッテナム行きが決まった。そしてアルテタはデッドライン・デーに、希望していた守備的なプレーヤーの獲得に成功したのだ」

 これらは8月29日から31日までの短期間に起きた怒濤の出来事だったが、「成否は土曜日の試合に表われていた。すべての関係者にとっていい結果となったといえる」と評している。

 リーグ開幕から3連敗で最下位とどん底のスタートを切ったアーセナルは、冨安ら新戦力の加入でようやく浮上のきっかけをつかんだ。18日にはアウェーのバーンリー戦を控えている。

 痙攣で途中交代となった冨安は、再び先発でピッチに立ち、勝利に貢献できるか。早くも現地で注目を集めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】冨安のボレーシュートを打った瞬間、監督のリアクションは? ノーリッジ戦のベンチ密着カメラでチェック!

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「ソリッドで、素晴らしいデビューだ」元英代表ジェイの冨安称賛ツイートに母国注目!「日本を拠点とするストライカーが…」
冨安健洋の「申し分ない」アーセナルのデビュー戦で、英国人記者が目撃した”異様な光景”とは?【現地発】
「ハッピーになりたいだろう?なら…」C・ロナウドの“激アツ”スピーチに同僚が感激! 指揮官も「感動した」
「信じられない!」香川真司が先発した開幕戦で…同僚GKの衝撃ミスに現地唖然!「恐ろしい失態」
「行動が外国人すぎる」久保建英の指揮官への“20歳とは思えない絡み”が大反響!「監督との関係が最高」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ