【J1】浦和が無敗で第1ステージを制覇! 終盤守り抜き開幕16戦負けなし!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年06月20日

終盤は10人の戦いを余儀なくされるも勝ち越しは許さず。

浦和は終盤、宇賀神が退場となり10人での戦いを余儀なくされたものの、神戸の猛攻を凌いで無敗優勝を飾った。

画像を見る

27分に梅崎が先制ゴール。槙野のインターセプトから鮮やかなカウンターが決まった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1第1ステージ・16節の9試合が6月20日に各地で行なわれ、神戸と1-1で引き分けた浦和が第1ステージの優勝を決めた。

【J1 PHOTOハイライト】浦和、第1ステージ優勝
 
 神戸とのアウェー戦に臨んだ浦和は、前半立ち上がりから積極的にゴールを狙い、27分に先制した。インターセプトからドリブルで持ち上がった槙野が左サイドの武藤へ展開。武藤が中央へグラウンダーのクロスを入れると、これに梅崎が合わせてゴール右に流し込んだ。
 
 しかしその後は流れが変わり、浦和は神戸の反撃に遭う展開に。32分に小川のシュートがバーを直撃すると、39分にもCKから増川のヘディングシュートがポストを叩くなどピンチの連続。それでも浦和はなんとか凌ぎきり、前半を1点リードで折り返した。
 
 後半、浦和は51分に決定機を掴む。梅崎のラストパスに抜け出した興梠がペナルティエリア内に入り込み、右足でシュートを放つ。しかし、これはわずかにクロスバーを越えてしまった。
 
 神戸も森岡を起点とした展開から小川、マルキーニョスらがゴールを狙うが、浦和の守備陣が粘り強い対応でゴールを許さない。すると残り15分、浦和は宇賀神がこの日2枚目のイエローカードで退場となり、10人での戦いを余儀なくされる。
 
 再三のピンチを凌いだ浦和だったが、84分についにゴールを割られてしまう。左サイドの相馬からのクロスに、渡邉がヘディングで押し込んだ。
 
 浦和は、自力優勝のためには引き分け以上が最低条件だったが、後半アディショナルタイムに入ると、G大阪が仙台と引き分けに終わったことで、試合終了を待たずに浦和の第1ステージ優勝が決定。そして、6分のアディショナルタイムをきっちりと守りきり、開幕からの無敗記録を16に伸ばして優勝に花を添えた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ