日本にとって帰化選手に頼る中国はくみしやすい相手だった。試される10月、森保監督は“適切な絵”を描けるか?

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2021年09月08日

確かに3人の帰化選手たちは個の力を持っていたが…

ほぼ90分を通して主導権を握った日本が中国に1-0の勝利を収めた。(C)Getty Images

画像を見る

 カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の中国代表対日本代表は、日本が1-0で勝利を収めた。

 中国は4人の帰化選手を集めるチームとして注目されたが、実際はそれほどの脅威ではなかった。2トップの一角で出場したエウケソンは、重さと強さを備える選手だが、吉田麻也はデュエルの仕方を工夫して戦った。先に身体を当てて相手の体勢を崩し、ムキになってきたところでファウルをもらうなど、巧みに駆け引きをする場面が何度もあった。

 62分から出場したアラン、アロイージオの2人は、激しい球際のバトルを仕掛け、受け身だった中国を活性化。しかし、いかんせんプレッシングに連動性がないため、日本は慣れればかわすことを苦にしなくなった。

 ボールを早く動かせば、2トップの裏、サイドなど、簡単にスペースが見つかる。最初は自陣に追い込まれた吉田が、縦パスをカットされるなど危うい場面もあったが、その後は柴崎岳や遠藤航が中継に入り、安定してかわすようになった。

 確かに試合に出場した3人の帰化選手たちは個の力を持っていた。しかし、日頃から欧州サッカーで戦う日本代表選手にとって、個の局面は問題にならない。むしろ日本の場合、東京五輪代表でも見られたようにビルドアップに課題があり、オマーンのような組織立ったプレッシングを仕掛けてくるチームのほうが苦手だ。今回、帰化選手の個の力に頼る中国は、日本にとってはくみしやすい相手だった。
 
 帰化選手といえば、かつて日本もラモス瑠偉や呂比須ワグナー、田中マルクス闘莉王など、何人かの選手が日本代表として戦ったが、今は当時とはルールが違う。現在のFIFAの規定では、帰化選手がサッカー代表に入るためには、国籍変更だけでなく、その国に5年以上居住する必要がある。それを満たす帰化選手となると、必然的に年齢は上がってくる。

 スタメンで出場したFWエウケソンは現在32歳、62分から出場したアランも32歳、アロイージオは33歳だった。元エヴァートンのDFティアス・ブラウニングの場合は、祖父が中国人であるため、5年の居住条件を必要とせず27歳と若かったが、ブラジルからの帰化選手3人は、いずれもベテランだ。

 身体面だけを考えれば、サッカー選手は24歳から25歳でピークを迎えるが、彼らはそれを大きく過ぎている。帰化選手による代表強化は、ハイレベルなチームが頂点を目指し、しのぎを削るワールドカップや最終予選でも有効かどうかは疑問符が付く。
 
【関連記事】
「僕の横で日本の選手はほぼ全員が欧州に…」中国のエースが空港で遭遇した森保ジャパン一行に“感動”!「この差は非常に大きい」
韓国メディア各社が日本の中国戦を“滅亡戦”と表現! 「一人で違いを生み出した」と最も高く評価したのは…
【日本1-0中国|採点&寸評】勝利をもたらしたのは大迫!!先発起用の久保も攻撃を活性化
「この人、どれだけ頑張るんだろう」長友佑都の鉄人ぶりに内田篤人も驚嘆「衰えないのが凄い」
【セルジオ越後】中国のレベルの低さと冷房の効いたスタジアムに助けられた日本…そんな中で一番光っていたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ