悔し涙を流した選手権から1年半…清水2年目の鈴木唯人がパリ五輪世代を牽引するアタッカーへ

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2021年09月06日

U-20日本代表の練習試合では、4-3-3のインサイドハーフで攻撃をリードする存在に

U-20日本代表ではインサイドハーフとして攻撃を牽引する鈴木。写真:松尾祐希

画像を見る

 悔し涙を流した高校サッカー選手権から1年半。当時はどこか独りよがりで、気持ちが空回りする時もあった。思うようにいかない――。仲間やスタッフに怒りをぶつけ、感情の起伏も大きかった。市立船橋から清水に入団して早1年半。鈴木唯人は精神的にも肉体的にも逞しくなり、パリ五輪世代のチームを牽引する選手に変貌を遂げようとしている。

【PHOTO】期待の新人勢揃い!2021シーズンJクラブに入団する「高校&大学・新卒ルーキー」をチェック!
 8月30日から9月5日まで行なわれたU-20日本代表候補合宿。国際Aマッチデー中の開催となった今回はルヴァンカップやJ2などが開催されている影響により、クラブで出場機会を手にしている選手の一部が未招集となった。正式に監督も決まっておらず、3年後のパリ五輪を目指すチームの骨格は見えていないが、選手たちにとっては生き残りを賭けた大事な場である。そうした状況下で存在感を見せたのが鈴木だ。

 1日に行なわれた横浜F・マリノスとのトレーニングマッチ(45分×2本/1△1)では2本目から出場すると、4-3-3のインサイドハーフでプレー。チームはユース主体の相手に対して苦戦を強いられたが、鈴木は攻撃の起点として機能する。試合から遠ざかっている選手が多いなかで、自身はキレのある動きと力強いドリブルでチャンスを演出。68分にはCKからピンポイントクロスで決定機を生むなど、課題が多かったチームにおいて、まずまずのパフォーマンスを見せた。

 反省点を踏まえて挑んだ5日の水戸ホーリーホック戦(45分×2本/3○1)は、横浜戦以上のパフォーマンスでチームの勝利に貢献する。

「(横浜戦は)基本的なミスが多く、試合になっていないと個人的には思っていた。でも、今日の試合は色々噛み合わなかったところが噛み合うようになり、少しずつだけど初めてプレーする選手たちとコミュニケーションを取って単純なミスが減った」

 中3日の間に行なったトレーニングで連係面が改善。4-3-3のシステムに対する理解度も深まり、スムーズにボールを前に運べるようになった。その中心として鈴木は振る舞い、7分には絶妙なスルーパスを中村仁郎に送って決定機を演出。2列目からパスやドリブルで攻撃にアクセントを付けるだけではなく、時には強引に局面の打開を図るなど、冷静な状況判断で存在感を発揮した。
 
【関連記事】
「欲を言えば来年にでも…」U-20日本代表MF樺山諒乃介が抱くパリ五輪とマリノスへの想い
U-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバー発表! 鳥栖の中野、清水の鈴木唯ほか筑波大から2人が選出
マドリーの中井卓大、10番を背負った今季初戦で躍動! F・トーレスの前で巧みなヒールパスやフェイントを披露!
「傲慢さが招いた屈辱だ!」日本とオマーンの圧倒的な“格差”を韓国メディアが指摘!「推定市場価格は20倍以上」
U-20W杯中止…無情の現実に翻弄された選手たちがピッチで示した本質「目標はもっと高いところに…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ