「欲を言えば来年にでも…」U-20日本代表MF樺山諒乃介が抱くパリ五輪とマリノスへの想い

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年09月04日

この夏に出場機会を求めて横浜から山形へ期限付き移籍「魅力的なサッカーをしている」

U-20日本代表の合宿に参加した樺山。古巣の横浜との練習試合では持ち前の突破力を見せた。写真:安藤隆人

画像を見る

 東京五輪が終わり、サッカー界は次回のパリ五輪に向けて動き出した。ターゲットとなる大会を3年後に控えたU-20日本代表は千葉県内で合宿を行ない、中日となる9月1日に横浜F・マリノスとの練習試合に臨んだ。

 この試合、ひと際気迫を前面に出していたのが、モンテディオ山形のMF樺山諒乃介だった。それもそのはず、彼はつい1か月半前までは横浜でプレーしていた。

「前から楽しみにしていた試合」と語る彼は、左サイドハーフとしてボールを受けたら迷わず仕掛け、何度も得意のカットインを披露した。だが、放つシュートはことごとくDFに引っかかったり、枠を捉えきれず、ノーゴールのまま前半のみで出番を終えた。
 
「いざやってみて45分という少ない時間だったけど、ほぼ知っている選手たちばかりだったのでやっていて楽しかったです」

 樺山は今年、興國高から横浜に入ったばかり。高卒ルーキーながら開幕戦スタメンを勝ち取り、リーグ5試合に出場していたが、5月26日のJ1リーグ16節の大分トリニータ戦で11分間出場して以降は試合から遠ざかっていたこともあり、実戦経験を求めて7月22日に山形への育成型期限付き移籍の決断を下した。

 山形は今年4月にピーター・クラモフスキー監督が就任。クラモフスキー監督は今季途中まで横浜に在籍していたアンジェ・ポステコグルー監督の右腕として2018年からの2年間、ヘッドコーチを務めるなど、ポステコグルー監督と志向するサッカーはほぼ同じ。その縁もあり、「J1からJ2とカテゴリーは落ちましたが、山形が目指しているサッカーというのは、マリノスに近いものがあって、魅力的なサッカーをしていると思うので、ここで結果を出せる選手になりたい」と、樺山の決断を後押ししたのだった。

 山形では途中出場ながらすでに3試合に出場。ここからレギュラー獲得を狙っている彼にとって、ここでの年代別代表は大きな刺激になっていた。

「東京五輪、A代表を観ていても、一緒にプレーしたり、マッチアップしたことがある選手がいて、その選手が活躍している。『僕もこういう注目された試合でプレーしたい』と思うし、やっぱり目指すのは世界に出てプレーをするということ。このジャージを着たらよりその気持ちが強まりますね」
 
【関連記事】
U-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバー発表! 鳥栖の中野、清水の鈴木唯ほか筑波大から2人が選出
「1番目立ってた」尚志高の“超逸材CB”チェイス・アンリがオランダの名門AZへ練習参加! 菅原由勢が明かす
総体ベストイレブン!今大会の主役・松木玖生など青森山田から最多4名を選出。得点王に輝いた2年生FWも
「プロ輩出」を最優先する淡路島の新設校から、無名の高校3年生・福井悠人がJ3デビューを果たすまで
【インターハイ】優秀選手33名が発表! 16年ぶりVの青森山田から最多8名! 準優勝の米子北からは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ