名古屋が“2連勝”で10年ぶりの4強進出!敵地での第2戦も2発完勝で鹿島を退ける【ルヴァン杯】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月05日

マテウスの折り返しから稲垣がミドルをねじ込み先制!

第1戦でもチーム2点目を決めている稲垣(15番)が、敵地での第2戦でも価値ある先制弾。ベスト4進出に大きく貢献した。写真:徳原隆元

画像を見る

 Jリーグは9月5日、ルヴァンカップ準々決勝の第2戦を各地で開催。県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズと名古屋グランパスが相まみえた。第1戦は名古屋がホームで2-0の勝利。鹿島のホームで迎えた第2戦も名古屋が2-0で勝利し、2戦合計4-0でベスト4に駒を進めた。

両チームのメンバーは以下のとおり。

鹿島/ホーム 監督:相馬直樹
スタメン)
GK:沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、犬飼智也、永戸勝也 MF:三竿健斗、ディエゴ・ピトゥカ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:土居聖真、上田綺世
サブ)
GK:早川友基 DF:ブエノ、安西幸輝 MF:アルトゥール・カイキ、遠藤康、レオ・シルバ FW:エヴェラウド

名古屋/アウェー 監督:マッシモ・フィッカデンティ
スタメン)
GK:ランゲラック DF:中谷進之介、宮原和也、木本恭生、キム・ミンテ、吉田豊 MF:長澤和輝、稲垣祥 FW:柿谷曜一朗、マテウス、前田直輝
サブ)
GK:武田洋平 DF:藤井陽也、森下龍矢 MF:米本拓司 FW:ガブリエル・シャビエル、シュヴィルツォク、金崎夢生

 立ち上がりこそ名古屋が攻め込んだが、その後は鹿島がボールを握る展開に。最低でも2点が必要なホームチームは厚みのある攻撃を繰り出すものの、名古屋の人数を割いた堅い守備をなかなか崩せない。

 我慢強く守っていた名古屋が22分、先制に成功する。キム・ミンテのロングフィードに右サイドで抜け出したマテウスが、敵陣深くからマイナス気味のクロス。これに反応した稲垣がミドルをねじ込み、大きなアウェーゴールを奪う。
 
 ビハインドを背負った鹿島は懸命に反撃を試みるが奏功せず、前半は0-1で折り返す。

 迎えた後半、名古屋が追加点を奪う。57分、右サイドを突破した前田のクロスから途中出場のシュヴィルツォクが押し込み、2-0とする。

 アウェーゴールを2つ奪った名古屋は残り時間も危なげなくゲームを進め、盤石の戦いぶりで10年ぶりとなる準決勝進出を果たした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【サポーターPHOTO】暑さに負けない大迫力の手拍子!選手を後押しした名古屋グランパスサポーター!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 
【関連記事】
プロ契約を結んだベッカムの19歳次男、“父譲りのFK”動画が大反響!「フォームが同じじゃないか」「なんて美しい!」
「太り過ぎだ」ネイマールの‟ぽっちゃり”に批判殺到! 本人が明かしたまさかの言い訳とは?
メッシに“殺人タックル”を浴びせたベネズエラ代表DFの投稿が炎上!「無謀な行為をなぜ謝罪しない?」
C・ロナウド長男がマンUの下部組織に入団へ! 伝説FW息子との“夢のコンビ”誕生に欧州注目!「恐れられるだろう」
柿谷のヘッド弾に、稲垣が追加点!名古屋がホームで鹿島に2-0勝利!【ルヴァン杯準々決勝第1戦】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ