柿谷のヘッド弾に、稲垣が追加点!名古屋がホームで鹿島に2-0勝利!【ルヴァン杯準々決勝第1戦】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月01日

前半に先制した名古屋が後半にも加点

セットプレーのチャンスで先制点を挙げた柿谷。守備も精力的にこなした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは9月1日、ルヴァンカップ準々決勝の第1戦を各地で開催。豊田スタジアムで行なわれた名古屋グランパス対鹿島アントラーズの一戦は、2-0で名古屋が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

名古屋/ホーム 監督:マッシモ・フィッカデンティ
スタメン)
GK:ランゲラック DF:中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊、成瀬竣平 MF:米本拓司、稲垣祥 FW:柿谷曜一朗、相馬勇紀、マテウス、前田直輝
サブ)
GK:武田洋平 DF:木本恭生、森下龍矢、宮原和也 MF:長澤和輝、阿部浩之 FW:金崎夢生

鹿島/アウェー 監督:相馬直樹
スタメン)
GK:沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:三竿健斗、ディエゴ・ピトゥカ、遠藤康、アルトゥール・カイキ FW:土居聖真、上田綺世
サブ)
GK:クォン・スンテ DF:永戸勝也、林尚輝 MF:和泉竜司、荒木遼太郎、レオ・シルバ FW:エヴェラウド

 立ち上がりは主導権を争う展開のなか、先制に成功したのは名古屋。13分、敵陣で得たFKのチャンスで、マテウスが入れたボールをキム・ミンテが折り返し、最後は柿谷がヘッドで押し込んだ。

 名古屋はさらに21分、マテウスのスルーパスに抜け出した前田、立て続けにマテウスが決定機を迎える。だがいずれも相手GK沖のファインセーブに阻まれる。

 ビハインドを背負う鹿島は、ボランチのピトゥカを中心に果敢に攻め込むも、前半は試合を振り出しに戻すことはできず。
 
 名古屋は1点リードで迎えた後半、追加点を奪う。53分、キム・ミンテのロングボールに抜け出した成瀬がクロスを供給。これに反応した稲垣のシュートは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 苦しい状況に追い込まれた鹿島は、二度の“二枚替え”などで反撃を試みたが奏功せず。名古屋が2-0で逃げ切り、まずはホームで先勝した。

 第2戦は9月5日、県立カシマサッカースタジアムで18時にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【サポーターPHOTO】暑さに負けない大迫力の手拍子!選手を後押しした名古屋グランパスサポーター!
 
【関連記事】
「明るい家庭を築いていきたい」名古屋・相馬勇紀がフリーアナウンサー森山るりさんとの入籍を報告
「レベルが違うかも」「やばい人連れてきた」名古屋新助っ人に驚愕の声! EURO出場FWの衝撃ゴラッソが話題
【名古屋】なぜJリーグを選んだ?EURO出場のポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクが移籍を決めた背景
「自分の中で、もがいている」五輪落選の悔しさを糧に、地道な一歩を刻み続ける鹿島GK沖悠哉の気概
「まじでキック力化け物」鹿島・上田綺世の弾丸ミドルに喝采!「こういうゴールが見たかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ