「日本の“皇帝”がやって来た」岡崎慎司の加入をカルタヘナSDも歓迎! 現地紙はSNSでの反響に驚愕

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月04日

新天地は再びスペイン2部に

カルタヘナでの挑戦が決まった岡崎。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 昨シーズンいっぱいでウエスカを退団し、スペイン2部カルタヘナに加入が決まった岡崎慎司が、現地時間9月3日に現地に到着したようだ。クラブのSNSが報告している。

 空港に到着した岡崎は、クラブハウスに直行した模様。カルタヘナのタオルを手に撮影する様子と、ファンに「オラ!」と呼びかける様子が確認できる。

 現地紙『La Opinión de Murcia』によれば、マノロ・サンチェス・ブライスSDは岡崎について「その得点力とチームへの貢献度は際立っている。ルイス・カリオン監督のチームが今シーズンの目標を達成するために必要な経験を提供してくれる。彼の攻撃的なプレーはチームを活性化するだろう」と加入を歓迎している。

 また、日本人プレーヤーの到来はクラブに大きな反響を呼んでいるようだ。現地メディア『La Verdad』は「日本の皇帝がやってきた。ネットやSNSでの反響の大きさにクラブも驚いているようだ」と伝えている。
 
「先週の火曜日にカルタヘナとの合意が報じられてからわずか3日で、日本のファンはスペインに目を向けるようになった。Twitterでの公式発表された投稿のインプレッションは150万ビューを超え、約1年前に70万ビューに達したルベン・カストロを簡単に追い抜いた。インスタグラムは50万人のフォロワーを増やし、Twitterのフォロワーも激増。これらのほとんどが、日出ずる国からのものだ」

 そして、「はっきりしているのは、岡崎が日本の皇帝であることだ。遥かに遠い国から関心を引く存在であり、クラブそのものも注目を集めている」と綴った。

 現地サポーターからも「最高のサイン」「日本人がんばれ!」といったエールが送られているほか、ウエスカのファンからは「うちのレジェンドだ。彼のことをよろしく!」といったコメントも残されている。 

 ウエスカでは、移籍1年目で12ゴールを挙げ、1部昇格の立役者となった35歳のストライカーは、再びクラブをトップリーグに押し上げることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
 
【関連記事】
「欲を言えば来年にでも…」U-20日本代表MF樺山諒乃介が抱くパリ五輪とマリノスへの想い
メッシ退団に見るスペイン勢衰退の危機。元R・マドリー日本人スタッフが明かすリーガ特有の“裏事情”
「一番びっくりしているのは…」内田篤人は久保建英の何に驚かされたのか?「浮き沈みもないのかな」
【セルジオ越後】五輪から3連敗…勝たせてくれない監督には信頼がなくなるよ。残念だったのは久保と堂安のプレーぶり
「クボは特別な選手」レギュラー抜擢の久保建英を、マジョルカ指揮官が絶賛!「確信している」と語ったことは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ