メッシ退団に見るスペイン勢衰退の危機。元R・マドリー日本人スタッフが明かすリーガ特有の“裏事情”

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月04日

ラ・リーガのみが採用している「サラリーキャップ」

バルサ退団会見で涙したメッシ。なぜ愛するクラブを追われる結果になったのか。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏の移籍市場は、リオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドという2大スターが、それぞれパリ・サンジェルマンとマンチェスター・ユナイテッドに新天地を求めるなど、小さくない動きがあった。とりわけ、バルセロナのシンボルだったメッシの電撃退団は世界に衝撃を与えた。

 なぜ、メッシはバルサを退団しなければならなかったのか。そして、最大のスターを失ったラ・リーガの未来は?

 スポーツマネジメントのMBA(経営学修士号)を取得できるレアル・マドリーの大学院に日本人として初めて合格し、卒業後はフロントスタッフとして、世界屈指のメガクラブで働いた経験を持つ酒井浩之氏に、リーガ特有の裏事情を明かしてもらった。

――◇◇――◇◇――◇◇――◇◇――

【動画】世界が注目!メッシのパリSGデビュー戦をチェック
 バルセロナの至宝だったアルゼンチン代表FWリオメル・メッシのパリ・サンジェルマン移籍は、あまりに突然のことで、ファンはもちろん業界関係者にも衝撃を与えました。改めて、何が起こっていたのかを整理してみたいと思います。

 今回、退団の原因となったのが、欧州リーグでラ・リーガのみが採用している「サラリーキャップ制度」です。これはラ・リーガのハビエル・テバス会長が2013年の会長就任後、最初のタスクとして与えられたクラブの債務削減を目的とした大改革の一つで、アメリカのNBAやMLSを参考に導入されたと言われています。

 サラリーキャップは各チームが保有する個々の選手の契約額、および全選手の契約年俸の総額を毎年一定の上限を設けて規定する制度であるため、支払いが不可能になりかねない非現実的な金額での契約を回避することができます。

 そして長期に渡った分割払いでの契約を制限することで、当時リーグとして問題であったクラブの赤字経営を立て直すべく、スペイン政府スポーツ上級委員会(CSD)とスペイン・プロリーグ機構(LFP)が「ラ・リーガ参加クラブが選手に支払う給与合計は、収入の70%以下でなければならない」というルールを導入したのです。

【PHOTO】ついに新天地デビュー!ネイマールとの交代でパリSG初出場を果たしたリオネル・メッシを特集!
 
【関連記事】
「エムバペに“天文学的”な年俸169億円を提示」とすっぱ抜かれたパリSG。マドリーからの250億円オファーなど取るに足らなかった
「一番びっくりしているのは…」内田篤人は久保建英の何に驚かされたのか?「浮き沈みもないのかな」
「人生で初めて」メッシのデビュー戦で同僚MFが感動の体験を告白? ネイマールらも大ウケ
メッシ、C・ロナウド、ネイマール…ディ・マリアが‟ビッグスリー”の素顔を紹介!「ピッチ外ではまるで別人」なのは?
バルサが18歳逸材への“特別扱い”を廃止した理由「甘やかすと、ろくなことがない」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ