• トップ
  • ニュース一覧
  • 「こんなミスをするGKは見たことがない」バルサ守護神にスペイン人記者が辛辣批判!「疑念がチームメイトに伝染」

「こんなミスをするGKは見たことがない」バルサ守護神にスペイン人記者が辛辣批判!「疑念がチームメイトに伝染」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月22日

テア・シュテーゲンは故障中

ビルバオ戦で不安定なパフォーマンスに終始したネト。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月21日に行なわれたラ・リーガ第2節、バルセロナがアスレティック・ビルバオのホームに乗り込んだ一戦は、1-1のドローに終わった。

 70分に新戦力メンフィス・デパイの鮮やかな同点ゴールで追いついたとはいえ、とりわけ前半はビルバオのハイプレスに苦しみ、次々にピンチを招いたバルサ。不安定な守備の原因のひとつになっていたのが、GKネトのパフォーマンスだ。

 飛び出しの判断が遅れてシュートを浴びれば、ビルドアップのミスで決定機を作られるなど、故障中の正守護神マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとの安定感の違いは明らかだった。

【動画】GKネトの飛び出しが遅れ、大ピンチを招いたシーン
 
 スペイン紙『MARCA』によれば、バルセロナのラジオ局『Cadena SER』のジョルディ・マルティ記者は、「こんなに短時間でネトのようにミスを犯すGKを見たことがない」と酷評。信頼感を与えられなかったことが、チームメイトに影響したと指摘している。

「ネトのキックのミスと、それによる疑念がチームの他のメンバーに感染した。ディフェンス陣のミスは、彼らの(ネトに対する)疑念を示していた」

 リオネル・メッシの退団はもちろんだが、正GKの不在もバルサに小さくない影響を与えていることが、この一戦で明らかになってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「タケは腹を立てていた」初先発の久保建英は、何が不満だったのか?「明らかに…」
「セーフだという自信があったが…」EURO決勝観戦の英国人タレント、コロナ感染体験を告白「人生で最も荒れた」
「マジョルカで輝きを放ったのはクボだけ」初先発の久保建英を現地メディアが称賛!「局面を一変させた」
「彼にはとても満足している」スタメン抜擢の久保建英をマジョルカ指揮官が高評価!「良かったのは…」
マドリーに衝撃、ベルナベウ隣接の公式ショップを強盗団が急襲! 車で突入された入口の画像にファン唖然「なんてことだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ