「セーフだという自信があったが…」EURO決勝観戦の英国人タレント、コロナ感染体験を告白「人生で最も荒れた」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月22日

「決勝は最も感染者が確認された」と報告

EURO決勝が行われた7月11日、期間中最も多い感染が確認されたと報告されている。 (C)Getty Images

画像を見る

 先月の11日に、イングランドのウェンブリースタジアムで行なわれたEURO2020決勝。イングランド公衆衛生庁は21日、地元イングランドとイタリアが雌雄を決したこの一戦で、「(大会を通じて)最も多くの新型コロナウイルスの感染者が確認された」という旨の調査報告書を発表した。

 イングランドのNHS(無料の国営医療サービス)の追跡データによれば、9000人以上の感染者がEURO2020の試合に関連していたという。さらに、1か月に8試合が開催されたウェンブリー周辺では6376件にのぼる。

 こうしたデータが発表された同日、英テレビ局の人気番組『Good Morning Britain』の元司会者であるタレント、ピアーズ・モーガン氏は「決勝戦後にコロナ陽性になった」という自身の体験を告白。56歳の同氏は、同調査報告書で3000人以上の感染が確認された決勝戦に観客として参加していた。現地紙『ManchesterEveningNews』が伝えている。

 ピアース氏は、アストラゼネカ社のワクチンを2回接種済みの状態で参加。だが、試合の2日後に症状が出始めたという。まず簡易検査を受けて陽性となり、その後に正式にPCR検査を受けて陽性判定を受けたそうだ。
 
「私はこのイベントが”コロナセーフ”であるという自信を持っていたが、それは打ち砕かれた。人生で最も荒れた気分になったよ。大人になってからは最もひどい病気にかかったと感じた。発熱や冷や汗、悪寒、くしゃみ、それに奇妙な痛みにも襲われた。今は回復してきたが、のどがやられて、声が低くなったような気がする」

 そして、「僕はこのコロナで命を奪われた人がたくさんいることを知っている。彼らとは違ってまだここにいられることを幸いに思い、アストラゼネカ社のワクチンを驚異的なスピードで開発した科学者たちに感謝しなければならない」と述べたという。

 報告書の著者は「イングランド代表が海外で試合をした場合でも、英国全体の公衆衛生に大きなリスクをもたらしただろう」と結論づけている。

 報告書内では感染予防対策の不備も指摘されており(移動の際の不備、マスク着用の徹底がされていないなど)、今後の大規模イベントを有観客で開催する場合のひとつの指針となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】白熱のEURO2020を盛り上げる各国の美女サポーターを厳選!
【関連記事】
日本と同組のオーストラリア、コロナ対策でW杯アジア最終予選のホームゲームを中立地で開催と現地報道。「本大会出場は難しくなる」
最新FIFAランキング発表! 日本は24位にランクアップ。EURO&コパ・アメリカの覇者は? トップ3に変動あり
「マジョルカで輝きを放ったのはクボだけ」初先発の久保建英を現地メディアが称賛!「局面を一変させた」
「彼が戻ってきたのは大きい」吉田麻也、ミランとの開幕戦でさっそく先発か。サンプ新監督が「調子が良い」
「マナは驚くべき速さで適応している」岩渕真奈が2ゴールで勝利に貢献! アーセナル指揮官が語った“躍動の理由”とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ