• トップ
  • ニュース一覧
  • 【総体2回戦】「まだ何も恩返しができていない」無念のAT逆転負け。“恩返し”を誓った立正大淞南の「夏はまだ終わっていない」

【総体2回戦】「まだ何も恩返しができていない」無念のAT逆転負け。“恩返し”を誓った立正大淞南の「夏はまだ終わっていない」

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2021年08月17日

「69分が良くても、残り1分が悪ければ意味がない」

14番、加藤のゴールで立正大淞南が先制に成功したが…。写真:森田将義

画像を見る

[インターハイ2回戦]立正大淞南1-2徳島市立/8月16日(月)/テクノポート福井総合公園芝生広場

 後半7分に先制しながらも、アディショナルタイムの2失点で逆転負け。「本当に勿体なかった。チームが1点を獲って、一気に良い状態になっていったのに自分が2本止めておけば勝って次に進めた。過去の自分にとても悔いが残ります」。そう立正大淞南のGK長野大河(3年)が振り絞った言葉からは、悔しさがにじみ出る。

「昨日(1回戦)は、初めての全国大会なので皆がバタバタしていた。でも、今日は相手が初戦で分があるので、そこを思い切って突けば勝てるんじゃないかと思った」

 長野の狙い通り、序盤から試合のペースは立正大淞南が握った。前半はゴールこそ奪えなかったが、スピードに長けたMF三原弘稀(3年)らサイドを起点に伝統である縦に鋭い攻撃を繰り返した。守備でもDF岩本剛気(3年)らがしっかりと跳ね返し、徳島市立にバイタルエリアまで持ち込ませない。

 0-0で迎えた後半7分には、右サイドから上がったFW香西銀二郎(2年)のクロスを、「自分は華麗なプレーができないので、身体から行こうと思っていた。良いボールが来たので気持ちで決めてやろうと思っていた」と振り返るFW加藤緒(3年)が合わせて先制に成功。以降も2点目は奪えないものの危ない場面も少なく、勝利へと着実に進んでいた。
 
 しかし、アディショナルタイムに入ってから、徳島市立のFW藤島涼介(3年)に2点を決められ逆転負け。「サッカーは決められた時間内に何点獲ったかを競うスポーツ。全体的に悪くなかったけど、負けたら悪いってことになってしまう。69分が良くても、残り1分が悪ければ意味がない」と南健司監督は口にした。

 失点の場面は、これまで出来ていた守備対応に一瞬の隙が生まれた形で、南監督は「一瞬でシュートを決めてしまうのが全国大会」と口にする。長野が「全国が決まってからずっと言われてきたこと。自分たちが早く気付いていれば、このような結果にはなっていなかったと思う」と続けた通り、後悔を挙げればキリがないが、全国大会出場を果たした意味は大きい。

 ちょうど一年前の今頃は、新型コロナウイルスのクラスターが部内で発生し、サッカーどころではなかった。SNSやネット掲示板を中心に誹謗中傷も多く、心を痛める選手もいるなか、彼らを救ったのは全国各地から届いた食べ物や飲み物の支援。隔離生活を強いられた選手の体調を支えるだけでなく、“応援してくれている人がいる”という事実は立正大淞南サッカー部の勇気となった。
 
【関連記事】
【総体2回戦結果】大津が3-0で流経大柏を下す! 大量8得点の青森山田は、PK戦を制した地元福井の丸岡と次戦激突
【総体2回戦】シード校の尚志がまさかの初戦敗退――。超高校級CBチェイス・アンリが絞り出した反省の弁
クラスター発生の立正大淞南高がネット上の写真無断使用に警告「生徒への誹謗中傷を防ぐために早急な削除を」
【総体1回戦】新鋭校の飯塚を牽引するエースが大仕事! 高卒J入りを目指す髙尾流星はいかなるアタッカーか?
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】要注目は神村学園高の2年生FW! タレント揃う中盤で期待値が高いのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ