• トップ
  • ニュース一覧
  • 心停止のエリクセンが除細動器を装着。イタリアでのキャリア続行は不可能の可能性も…「深刻な危険にある」

心停止のエリクセンが除細動器を装着。イタリアでのキャリア続行は不可能の可能性も…「深刻な危険にある」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月18日

ブリントは装着したままプレー

ピッチ上で倒れたエリクセン。再びピッチに立つ姿を見られるだろうか。(C)Getty Images

画像を見る

 デンマーク・サッカー協会は6月17日、試合中に倒れたクリスティアン・エリクセンが、植え込み型除細動器(ICD)を装着すると発表した。

 エリクセンは12日のEURO2020グループB第1節、フィンランド戦で前半終盤に突然倒れた。ピッチで治療を受け、幸いにも一命を取りとめたが、対応した医者は心停止だったと明かしている。

 デンマーク協会によると、複数の検査の結果、「不整脈による心臓発作後に必要」な装置であるICDの装着が決まったと発表。エリクセン本人も受け入れたとしている。

 オランダ代表としてEURO2020にも臨んでいるダレイ・ブリント(アヤックス)のように、ICDをつけてもプレーを続けている選手はいる。だが、地元メディアによると、イタリアでのキャリアは終わる可能性があるようだ。

【画像】奇跡的な回復! 病室のベットからサムズアップをするエリクセン
 イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、エリクセンのICD装着はまず一時的なものとして、一定期間後に医者が状況を再度確認する。問題が解決した場合は、ICDは取り外されるそうだ。だが、そうでなければ、エリクセンはICDをつけたままになるという。

 そしてその場合、イタリアでプレーできなくようだ。セリエAは、ICDを装着した選手がコンタクトスポーツを行うことが認められないという。つまり、ICDを外せなければ、エリクセンはインテルの選手としてピッチに立つことができなくなる。

『Gazzetta dello Sport』紙も、イングランドやオランダと違い、イタリアではプレー続行が認められないとし、「エリクセンのイタリアにおけるサッカー選手としての未来は深刻な危険にある」と報じた。

 いずれにしても、今後の経過次第であり、ICD装着が続くのか進展が待たれる。その場合のインテルの対応も注目されるところだ。

 ただ、まずはなによりも健康が優先だ。エリクセンは18日に退院予定とみられる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「コカ・コーラのCMに出ていたじゃないか」C・ロナウドとハイネケン拒絶のポグバを西紙が糾弾!「エゴイスティックだ」
「速すぎる!」「PKだ!」エムバペの“爆走シーン”がTikTokで大反響【EURO】
「私は祈り、泣いた」モウリーニョが教え子エリクセンの悲劇に涙。「間違った理由で人を団結させた」
「ヨシダの放出は賢明なのか?」吉田麻也とシメオネのトレード案に現地メディアが苦言!「少し安易すぎる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ