「13タッチで、中心的な役割」久保建英のマジョルカ復帰戦を海外メディアはどう見た?「軽快に敵のラインを壊した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月15日

「今後が楽しみなスタートだ」

加入から3日後のベティス戦に途中出場を果たした久保。(C)Getty Images

画像を見る

 14日に行なわれたラ・リーガ開幕節のベティス戦(1-1)で、久保建英が新天地デビューを飾った。

 11日にマジョルカへのレンタル移籍が発表されたばかりにもかかわらず、加入からわずか3日後にベンチ入りを果たした20歳は、1-1で迎えた61分から途中出場。大歓声を受け、得意のドリブルで仕掛けるなど、合流直後にしてはまずまずのプレーを見せた。

『Ezanime.net』は、久保のパフォーマンスについて、「残念ながら、クボにボールがあまり入らなかったが、受けた時には軽快だった。敵のラインを壊し、FKを数回勝ち取った」と綴り、こう続けている。

【動画】久保建英がぶっつけ本番で途中出場したマジョルカ対ベティスのハイライト
「クボは13タッチしかなかったが、より中心的な役割を果たした。素晴らしい試合をしたマジョルカとクボにとって、今後が楽しみなスタートだった」

 東京五輪の疲れを感じさせず、期待を予感させるスタートを切った久保。次節、FC東京時代に同僚だった原大智が所属するアラベスとの一戦で初スタメンもあるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保がまさかの自転車で登場!マジョルカのウェルカムムービー
 
【関連記事】
なぜマジョルカは久保建英をチーム最高年俸で迎え入れたのか? 番記者が明かすピッチ内外の思惑【現地発】
「タケは多くのことを与えてくれる」久保建英の“ぶっつけ本番デビュー”をマジョルカ指揮官が評価!「重要な存在だ」
「涙が出てくる」久保建英の練習合流&戦友再会動画が大反響!「楽しそうで見てる方も楽しくなる」
なぜ久保建英はマジョルカ復帰を選択したのか? 地元紙が伝えた「2つの理由」
マジョルカ移籍の久保建英、なぜ赤ではなく青いユニで登場? 現地紙が種を明かす「日本代表と同じ色で…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ