メッシ獲得のパリSG、「予想布陣」が半端ない! 難題だらけも心躍る顔触れだ

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年08月11日

まさにゲームの世界のような顔触れだ。

新シーズンにおけるパリSGの予想布陣。(C)Getty Images

画像を見る

 コロナ禍で欧州サッカー全体が冷え込む中、新シーズンのパリSGがとんでもない陣容を整えてきた。
 
 今夏の移籍マーケットで、世界屈指の万能型MFであるジョルジニオ・ヴァイナルダム(←リバプール)を皮切りに、攻撃力では右SB/WBの欧州最高峰のアシュラフ・ハキミ(←インテル)、CBのレジェンドであるセルヒオ・ラモス(←R・マドリー)、EUROでMVPに輝いたジャンルイジ・ドンナルンマ(←ミラン)を獲得し、さらに現地時間8月10日にはバルセロナを退団したリオネル・メッシとの契約までまとめてみせた。
 
 そもそもキリアン・エムバペやネイマール、マルキーニョス、マルコ・ヴェッラッティなどワールドクラスを揃えていたチームは、5人の新戦力でさらに強力な陣容に。世界中のメディアやファンも「新・銀河系軍団」と騒ぎ立てている。
 
 新シーズンの予想布陣は画像の通り。まさにゲームの世界のような半端ない顔触れだ。アンヘル・ディ・マリアやマウロ・イカルディ、プレスネル・キンペンベの出番すらも限られそうな雰囲気で、さらに序列の低いレアンドロ・パレデスやパブロ・サラビア、ラフィーニャ、ユリアン・ドラクスラーなどは今夏中の放出が囁かれている。
 
 マウリシオ・ポチェティーノ監督は途中就任した昨シーズンに4-3-3や4-2-3-1、新シーズンに開幕戦で4-4-2を採用した通り、相手やチーム状況によってシステムを使い分けるタイプの監督。首脳陣には間違いなくメッシ、ネイマール、エムバぺの同時起用が求められはずで、現時点では攻撃的な選手をより多く起用できる4-3-3や4-2-3-1を使う可能性が高いか。
 
 ただ、コパ・アメリカとEUROで勝ち進んだネイマール、ヴェッラッティ、ディ・マリア、ドンナルンマなどはチームに合流したばかりで、バカンスを終えたばかりのメッシもまだコンディションが整っていない。フルメンバーが揃ってシステムやスタメンが見えてくるのは、9月に入ってからかもしれない。
 
 さらに、攻撃的なタイプが多いゆえ攻守のバランスをどう取るか、まさにスーパースター揃いだけにロッカールームをどうハンドリングするかなど、ポチェティーノ監督は多くの難題を抱える。
 
 とはいえ、少なくともここ数年の欧州サッカー界で最も豪華な陣容なのは間違いないし、サッカーファンなら誰しもが心躍る顔触れだろう。新シーズンはパリSGサポーターのみならず、世界中から注目を浴びるのは間違いない。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
メッシも手中に! なぜパリSGは「スター選手」を買い漁るのか? 実はカタールW杯のために…
なぜ久保建英はマジョルカ復帰を選択したのか? 地元紙が伝えた「2つの理由」
「メッシはパリで同じ運命を辿るのか」独紙が“銀河系軍団”の失敗を回想。「ナンバーワンになることは決してなかった」
「夢の攻撃トリオ」が誕生! メッシ、エムバぺ、ネイマールはCLスタッツも驚異的だ
「僕はまだ野心を持っている」パリSG加入のメッシが会見で熱い意気込み!新天地デビューには「少し準備が必要」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ