名古屋が加入後即スタメンのキム・ミンテの一撃で7試合ぶりの白星! 湘南は主導権を握りながらも1点が遠く5連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月15日

名古屋は相馬の投入で攻勢を強め…

名古屋がキム・ミンテの決勝ゴールで7試合ぶりの勝利を手にした。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは8月15日、第24節の4試合を開催。豊田スタジアムでは名古屋グランパス対湘南ベルマーレの一戦が行なわれ、名古屋が1-0で勝利を収めた。

 3連敗中の名古屋と4連敗中の湘南のお互いにトンネル脱出を目指す一戦。立ち上がりは、球際で激しくぶつかり合い、ともにボール奪取から速攻を仕掛ける一進一退の攻防が繰り広げられた。

 徐々に主導権を握ったのはアウェーの湘南。15分には、ペナルティエリア手前で、ウェリントンとのワンツーから大岩一貴が右足を振り抜くも、グラウンダーのシュートはゴール左に外れる。

 その後も、細かく繋いで相手を押し込むと、21分と30分に名古新太郎が積極的にシュートを放つ。しかし、いずれもフィニッシュの精度を欠く。

 名古屋もカウンターから好機を創出するも、なかなかシュートで終われず。0-0で前半を折り返した。
 
 後半は名古屋がボールを保持する時間を多く作る。51分にはポーランド代表のシュヴィルツォク、68分には相馬勇紀を投入し、さらに攻勢を強めていく。

 すると74分だった。相馬の左CKから、ファーサイドに走り込んでいたキム・ミンテが頭で合わせてネットに突き刺す。札幌から加入して、チームに合流したばかりのDFが値千金の決勝ゴールを挙げた。

 この得点を最後まで守り抜いた名古屋が、7試合ぶりの勝利。一方湘南は、5連敗となった。

 次節はともにホームで、名古屋は22日にホームでアビスパ福岡と、湘南は21日に清水エスパルスと25節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
なぜマジョルカは久保建英をチーム最高年俸で迎え入れたのか? 番記者が明かすピッチ内外の思惑【現地発】
「ありがとう!麻也!!」吉田麻也の出国報告にファン反応!東京五輪で「沢山の感動、希望を貰いました」
酒井宏樹が見せつけたクオリティ…重戦車のようなフィジカルと攻撃参加は驚異的だった
「13タッチで、中心的な役割」久保建英のマジョルカ復帰戦を海外メディアはどう見た?「軽快に敵のラインを壊した」
「自分を殺したいと…」ディ・マリアが“銀河系軍団”未参戦のC・ロナウドの心境を推察!メッシには「別世界の人だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ