杉本健勇の移籍後初ゴールが決勝点!横浜が2試合ぶりの勝利!名古屋はリーグ3連敗に

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年08月12日

M・ジュニオールはPKで得点

移籍後初ゴールを決めた杉本。これが決勝点となった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月12日、横浜F・マリノス対名古屋グランパスの一戦がニッパツ三ツ沢球技場で行なわれ、横浜が2-0で勝利した。

 主導権を握ったのはホームの横浜。エウベル、前田大然の両ウイングを生かしたスピーディなサッカーで名古屋ゴールへ迫っていく。すると13分、CKのこぼれ球を拾ったティーラトンがクロスを上げると、中央の杉本健勇がヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、横浜が先制する。

 さらに33分には、マルコス・ジュニオールがペナルティエリア内で中谷進之介に倒され、PKを獲得。これを自らゴール右下に蹴り込んだ。

 反撃したい名古屋は前線の柿谷曜一朗、前田直輝、齋藤学にボールを集めるも、なかなかシュートまで持ち込めず。前半アディショナルタイムのFKのチャンスもゴールに結びつかなかった。前半は2-0で終了した。
 
 追いかける名古屋はハーフタイムでマテウス、ガブリエル・シャビエル、相馬勇紀の3人を、65分には負傷した柿谷に代え、ポーランド代表のシュヴィルツォクを投入。しかし、傾いた流れを劇的に変えることはできず。

 結局、試合はこのまま終了。前半の2ゴールを守り切った横浜がホームで名古屋を下した。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【中断明けの青写真|横浜】杉本健勇、宮市亮の加入で前線に熾烈なポジション争いが勃発!
【中断明けの青写真|名古屋】テーマはずばり「巻き返し」。本物感が漂う現役ポーランド代表FWも注目
【五輪代表 全22選手の通信簿】最高のS評価は4人。厳しい査定となった3選手は…/東京五輪
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ