【日本代表】金田喜稔がイラク戦を分析|宇佐美はやはりひと味違う。チームとしての狙いもはっきりと見えた

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月12日

縦に速い攻撃が浸透しているのは見て取れた

岡崎の3点目を演出するなど攻撃の局面で持ち味を発揮した宇佐美。切れのあるドリブルや正確なシュートやクロスで存在感を示した。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 当初はそれなりの強化試合になると思っていたが、イラクの実力があまりにも低すぎて正直言って評価しづらい。試合云々の前に、協会に対しては「もっと実になるような相手と組めなかったのか」と言いたい。欧州組と国内組が集まってチームを作る貴重な場なのだから、マッチメイクに関してはもっと努力が必要だったと思う。

【マッチレポート|日本 4-0 イラク】

【PHOTOギャラリー】日本 4 -0 イラク
 
 試合に関しては、日本が圧倒した内容からして当然の結果だと言える。ハリルホジッチ監督が標榜する縦に速い攻撃が浸透しているのは見て取れたし、選手たちも狙いをしっかり把握して忠実にこなしている様子も窺えた。
 
 とりわけ縦へのパスとそれを引き出す動きは、ザッケローニ監督時代と比べても明らかに増えている。宇佐美のドリブルから岡崎が決めた3点目の場面にしても、全員が縦への意識を共有していないと生まれないし、ゴール前の局面である程度数的優位を作らないとあのような連動性も出てこない。相手のレベルを差し引いても、コンビネーションの質が着実に上がってきているのを感じた。
 
 また、個々のパフォーマンスも良かった。シーズンが終わったばかりの欧州組、過密日程を強いられている国内組とも万全なコンディションではなかったと思うが、特に宇佐美のプレーは目を引いた。左サイドからカットインしてのシュートやクロス、仕掛けて縦に持ち込む力、前線でタメを作ったうえでの展開力を見ても、彼はやはりひと味違う。攻撃に新たなバリエーションを生み出せる選手だと改めて証明してくれた。
 
 加えて後半、攻撃が停滞し始めた時間帯に原口や武藤、永井を投入して活性できたのも収穫だろう。均等にチャンスを与えた結果、原口がきっちりゴールを決めるなど競争意識が確実に高まっているのも見逃せない。
【関連記事】
【藤田俊哉の目】頼もしかった3トップの躍動。大量点を奪った攻撃力は素直に評価したい
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】長友、香川にダメ出し。先制点の本田は高評価
【日本対イラク戦/サッカーダイジェストの視点】快勝の裏にある不安。突き詰めるべき課題とは?
【日本代表/エリア別検証】定まらない香川の活かし方。不安な右SBは再テストが必要
【識者の視点】棒立ちの相手にパスは回ったが、強化としては「?」 協会は過去の教訓を活かすべき
【セルジオ越後の天国と地獄】 「まやかしの快勝」だけど、大半のメディアは悪くは書けないよ。だって、ある意味でみんな“共犯者”だから
【全プレー解析】23分までノーミスの本田圭佑。開始から4回目のプレー機会で先制点を奪う

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ