「中国人オーナーは出ていけ」「裏切りやがった」ルカク売却合意報道にインテル・ファンが怒り!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年08月08日

ハキミ売却で終わりと思いきや…。。

チェルシー移籍が濃厚になったルカク。(C)Getty Images

画像を見る

 インテル・ファンが怒り心頭だ。
 
 昨シーズンは実に11年ぶりのセリエA優勝を成し遂げたインテルだが、オーナーである中国の『蘇寧グループ』が深刻な財政難に直面。今夏に選手たちは未払いの給与と優勝ボーナスを諦めるよう提案される始末で、さらに主力数人が売却されると囁かれた。
 
 このリストラ路線に反発したアントニオ・コンテ監督に逃げられ(後任は前ラツィオのシモーネ・インザーギ)、さらに崩しの切り札だった右WBのアシュラフ・ハキミをパリSGにボーナス込み7100万ユーロ(約92億円)で泣く泣く売却。ジュゼッペ・マロッタCEOは「ハキミ売却は大きな痛手だが、これで一息つける。他の主力は残留させたい」と語っていた。
 
 しかし、インテルの財政難はハキミ売却だけでは賄えなかったようだ。現地時間8月7日、『SKY ITALIA』の移籍市場スペシャリストとして知られるジャンルカ・ディ・マルツィオ記者がこう伝えた。
 
「ロメル・ルカクに関してインテルとチェルシーが合意した。移籍金は1億1500万ユーロ(約149億5000万円)で、数日以内にメディカルチェックが行なわれる。ルカクはチェルシーで年俸1100万ユーロ(約14億3000万円)+ボーナスを受け取る」
 
 そう、2年前に獲得したエースのルカクをチェルシーに売却するというのだ。マロッタCEOのコメントでこれ以上の主力売却はないと思っていたはずのインテル・ファンは怒り心頭で、SNSには以下のような書き込みが溢れている。
 
「蘇寧グループはもう出ていけ」
「スティーブン・チャン(オーナー家の息子で会長)は何を考えてる?」
「絶対に売っちゃダメな選手だろ」
「残念ながら崩壊の序章」
「裏切りやがった」
「正気か?」
「恥を知れ」
「ルカク、残留宣言してたのに…」
「中国人オーナー、クラブも売ってくれ」
「ルカク抜きのインテルとか信じられない」
 
 インテルはルカクの後釜としてエディン・ジェコ(ローマ)、ドゥバン・サパタ(アタランタ)、ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ)などをリストアップしていると言われているが、いずれも在籍2年で公式戦64ゴールを挙げたルカクほどのインパクトを望むのは酷か……。ファンの怒りは当分収まりそうにない。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
モウリーニョの皮肉発言にインテルCEOが反撃!「キツネで狡猾」「ライバルを苛立たせるのに慣れている」
「合意を確信」メッシのパリSG移籍が秒読みに! バルサでの会見後に交渉加速へ
「ミランに切り捨てられ、ユーベに振られて…」ドンナルンマ移籍の舞台裏を移籍専門記者が明かす
「僕にはできないと言われたけど…」ルカクが明かしたプレミアとセリエAの“違い”。ゴール量産の理由は?
キャプテン吉田麻也を「越える存在」に!冨安健洋が東京五輪に抱いていた決意

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ