「選手村は夢のよう」日本を破った“ラ・ロヒータ”が集大成の大一番に挑む【U-24スペイン代表の東京五輪滞在記2】

カテゴリ:国際大会

セルヒオ・サントス

2021年08月07日

「移動にイライラすることもあった」

アセンシオ(右端)の劇的ゴールで日本を破り、ブラジルとの決勝に駒を進めたスペイン。写真:JMPA代表撮影

画像を見る

 ここ数日、U-24スペイン代表の選手たちの表情がすこぶる明るい。U-24日本代表を下し、決勝にコマを進めたのだから当然だろう。

 しかしここまでの道のりは長く険しいものだった。ルイス・デ・ラ・フエンテ監督は実感を込めてこう振り返る。

「極めて難しい環境下に置かれた中での大会だった。選手たちにとっては困難の連続だった。特に最初の10日間のホテルでの生活はとても厳しいものだった。ホテルと練習場の往復の繰り返しだった。グラン・エルマーノ(スペイン版リアリティ番組)のようだったよ。いい意味でね。特筆すべきは、そんな共同生活の中でトラブルが一度起こらなかったことだ。信じられないことだ。われわれは本当の家族のようだ」。

 ダニ・オルモも同調する。「一番きつかったのは移動だ。練習場に移動するだけでも、長時間待たされることが少なくなかった。イライラすることもあったよ。一体いつになったら休息できるんだという心境だった。スポーツ選手にとって決まった時間に休息するのはとても大切なことだ。でもこの大会はそれがなかなかできなかった」

【五輪代表PHOTO】スター選手も参戦した東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!
 
 そんな彼らにとって気分転換となったのが選手村での生活だ。「ホテルに缶詰めにされる生活から解放され、まるでハリウッドにいるようだった」とデ・ラ・フエンテ監督が上機嫌に語れば、ダニ・オルモは「まるで夢のような日々だった。他の競技の選手たちと一緒に生活し、自分たちもオリンピックに参加しているメンバーの一員なんだという意識が高まった」と顔を紅潮させる。

 もっともダニ・セバジョスは難しい面もあったことを認める。「食堂に行くと長蛇の列で待たされることもあった。各種目の競技時間が異なるから、寝ようと思ったら、部屋の外から物音が聞こえることもね。正直なかなか休めなかった。でもそうしたことを除けば、とても貴重な経験になった」

 しかし選手たちはすでに五輪村を一時的に離れ、ブラジル戦に備え、試合会場のある横浜市内のホテルに滞在している。大半の者にとってキャリアの中で最も重要な試合であり、コンディションを整えながら、ライバルの対策にも余念がない。
 
【関連記事】
杓子定規の対応にセバジョスらは不満…それでも選手村に入って雰囲気が変わったワケ【U-24スペイン代表の東京五輪滞在記】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
【決勝戦展望|ブラジル×スペイン】形が噛み合う中盤の攻防でどちらが優位に立てるか/東京五輪
日本では考えられない? スペイン監督の会見後に始まった“深夜の撮影会”【東京五輪】
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ