• トップ
  • ニュース一覧
  • 【釜本邦茂】50年前よりも格段にレベルは向上したけど、試合を決めるのはやっぱり個人の力!三笘をもっと早く見たかったが…

【釜本邦茂】50年前よりも格段にレベルは向上したけど、試合を決めるのはやっぱり個人の力!三笘をもっと早く見たかったが…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月07日

決勝トーナメントでは個の力で状況を打開できる選手が少なかった

日本の攻撃の中核を担った久保(左)と堂安。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京オリンピックの3位決定戦はメキシコに1-3で敗れてしまった。惜しくもメダルには手が届かなかったけど、選手やスタッフたちの頑張りは讃えてあげたいね。

 日本は早い時間帯で先制点を許してしまったことが、苦しい試合運びに終始する原因となった。前半で2点を失って、早めに1点を返せていればまだ望みはあったかもしれないが、後半立ち上がりにセットプレーから3点目を奪われると、その後はメキシコに手堅く逃げ切られてしまった。

 どうも日本は久保や堂安に象徴されるように、中盤にはいい出し手がいるのに、その先に良い受け手がいない。FWの林は、ペナルティエリアの中でボールを受けられるようにもっと勉強しなければいけない。裏へ走ったり、単独の突破で敵に脅威も与えていたのだから、あとはしっかり味方からの信頼を得て、ボールを預けられる選手にならないといかん。
 
 結局、差がついたのはそこの部分。前に良いパスの受け手。つまり点取り屋がいなかったということ。グループステージでは久保が3試合連続の先制弾を決め、なんとかうまく回っていたように見えたけど、やはり決勝トーナメントに入ってからは、相手に厳しくマークされ、ゴールから遠ざけられた。ただ、彼のプレースタイルを見る限り、ストライカーというよりはむしろ、パサーでありチャンスメイカー。久保に毎試合ゴールを期待するのは酷な話だよ。

 ニュージーランド戦にしろ、スペイン戦にしろ、やはり個の力で状況を打開できる選手が少なかった。スペイン戦の終盤に相馬がそういう役割を担っていたけど、試合を通じてコンスタントに仕掛けられていたわけじゃない。

 メキシコ戦では、三笘が途中出場から何度も相手の守備を切り裂く突破を見せた。もっと早く見たかった選手のひとりで、せめて後半の45分くらいの時間は見たかったが、それでも采配について特に言うことはない。そりゃあ、ファンやメディアの人たちは言いたいことを言ったらいいと思うけど、結局チームのことを最もよく知る立場のスタッフが決めることだからね。

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
金田喜稔がメキシコ戦を斬る!「9年前と同じ結末。監督継続も含め、協会は検証すべきだ」【東京五輪】
まさかの3失点に絡んだ遠藤航…ベスト4の功労者に最低点をつけなければならない悲しい結末【東京五輪】
「オチョアの牙城にヒビを入れた」三笘薫の鮮烈ゴールに海外メディアが脚光!「見事な個人技で…」【東京五輪】
「リスペクトに値する」メキシコのサポーターが日本代表を激励「君たちは進化してる」【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ