まさかの3失点に絡んだ遠藤航…ベスト4の功労者に最低点をつけなければならない悲しい結末【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年08月06日

前回対戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出

PK献上など名手らしからぬプレーで3失点に絡んだ遠藤。写真:JMPA代表撮影

画像を見る

[東京五輪 3位決定戦]U-24日本1-3U-24メキシコ/8月6日/埼玉スタジアム2002

 正直、信じられなかった。

 8月6日に行なわれた3位決定戦、日本はグループステージで2-1と勝利したメキシコに1-3で完敗。リベンジを許し、53年ぶりのメダル獲得はならなかった。

 その全失点に絡んでしまったのがMFの遠藤航だ。開始早々の13分に、アレクシス・ベガに突破を許し、後ろから追いかけて足を引っ掛けて痛恨のPKを献上すると、2、3点目ではマークについていたホアン・バスケスとベガをフリーにしてしまい、ヘディングシュートを叩き込まれた。ベスト4進出の立役者のひとりだったからこそ、余計に信じられない光景だった。

【PHOTO】マイアミの奇跡!グループリーグ突破!ベスト4!歴代五輪代表の激闘を激選ショットで振り返る!
 吉田麻也、酒井宏樹とともにオーバーエイジで加わった28歳のMFは、シュツットガルトで2020-21シーズンにブンデスリーガのデュエル王に輝いた1対1の強さを、この大舞台でも存分に発揮。チームに安定感をもたらした。

 とりわけ圧巻だったのがグループステージのメキシコ戦で、攻守に特大のパフォーマンスを披露。守備では抜群のタイミングでボールを絡め取り、攻撃でも推進力のある持ち上がりで敵の脅威となった。サッカーダイジェストWebの「寸評&採点」では、ゴールを奪った久保建英や堂安律を凌ぐ7.5点をつけ、マン・オブ・ザ・マッチに選出した。

 だが、メキシコとの再戦でまさかの3失点に関与。それでも、何とか取り返そうと、全6試合に先発して疲労困憊のはずの身体に鞭を打って前線まで上がり、鬼気迫るプレーを見せた。

 その姿は見る者の胸を打つものがあったが、それでも失点に絡んだのは事実。採点では、チーム最低の5点と厳しい評価をせざるを得なかった。今大会、チームMVP級の活躍を見せていた功労者に、最後の最後で最低点をつけなければならないとは…。悲しいラストマッチとなってしまった。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
【関連記事】
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
メキシコの手のひらで踊らされ…。泣き崩れた久保に象徴されるバッドエンド【東京五輪/編集長コラム】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「日本を表彰台から叩き落すことで、礼を尽くした」メキシコ・メディアは53年越しの逆襲に歓喜【東京五輪】
「日本の堅陣を突き破った!」銅メダル獲得のメキシコを母国メディアが手放し称賛!「その攻撃に怖さはなし」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ