「オチョアの牙城にヒビを入れた」三笘薫の鮮烈ゴールに海外メディアが脚光!「見事な個人技で…」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

オリンピック最後の試合で、今大会初ゴール

途中交代で反撃の1点を決めた三笘。しかし、その後に訪れたチャンスは生かせなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 8月6日に行なわれた東京五輪の男子サッカー3位決定戦で、日本はメキシコに1-3で敗れ、53年ぶりのメダルには手が届かずに終わった。

 日本は前半だけで2点を失い、ビハインドで突入した後半もセットプレーからアレクシス・ベガに3点目を許し、逆転は険しい道のりとなってしまった。

 そんななかで気を吐いたのが、62分に上田綺世とともに投入された三笘薫だった。持ち味であるドリブルで仕掛けるチャンスが訪れ、78分にはDF3枚を引きはがしながらエリア内に突入し、守護神ジェロルモ・オチョアが守るゴールのネットを揺らした。

 メキシコ・メディア『depor』は、「3-0で試合は決していたように見えたが、そこで三笘薫が見事な個人技で魅せた」と称えた。
 
「三笘はフェイントでふたりの選手を薙ぎ払い、さらにスピードに乗って、ゴール前まで突入した。ゴールで構えていたオチョアの前に飛び出した瞬間には、その場の勝負は決していた。それまでクリーンだった守護神の牙城にヒビを入れてみせた」

 また、戦況を見守っていたスペイン・メディア『Diario de Sevilla』は、「ロサーノのチームにとっては簡単なゲームだった」と綴った一方、「日本がもし、もっとチャンスをものにしていたら、展開は違ったものになっただろう」としている。

「途中出場した日本のスコアラー三笘と、旗手(怜央)、上田(綺世)らは2点目に迫るプレーを見せていた。日本の時間帯に、彼らがもう1点でも決めていたら、メキシコにとって、この試合は最後の最後でものすごく苦しいものになっていただろう。だが、メキシコは幸運にも恵まれ、かけがえのない銅メダルを手にすることができた」

 U-24日本代表が目標に掲げていた金メダルは、この大会で手にすることは叶わず、銅メダルも逃してしまった。だが、若い選手たちが大舞台で躍動したことも事実だ。彼らはこの敗北と悔しさを、さらなる成長につなげられるだろうか。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「あんまり泣かないので、分かんないですけど…」久保建英が打ち明ける涙の真意【東京五輪】
「日本の堅陣を突き破った!」銅メダル獲得のメキシコを母国メディアが手放し称賛!「その攻撃に怖さはなし」【東京五輪】
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
「日本を表彰台から叩き落すことで、礼を尽くした」メキシコ・メディアは53年越しの逆襲に歓喜【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ