• トップ
  • ニュース一覧
  • 「メダルを逃がして涙の海が…」メキシコ戦完敗のU-24日本代表に韓国メディアから同情の声「これがサッカーなんだ」【東京五輪】

「メダルを逃がして涙の海が…」メキシコ戦完敗のU-24日本代表に韓国メディアから同情の声「これがサッカーなんだ」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月07日

「クボは起き上がれないほどのショックを」

試合後、正直な想いを吐露した久保。胸を打たれたファンは少なくない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)/JMPA代表撮影

画像を見る

 U-24日本代表の東京五輪は、4位という結果で幕を閉じた。

 8月6日に行なわれた3位決定戦でメキシコと対戦し、1-3の完敗。PKとリスタートから前半のうちに2点のリードを許し、後半も早々にCKから被弾してリードを広げられる。終盤に途中出場の三笘薫が1点を返したが反撃もそこまで。攻守両面で試合巧者ぶりを見せたメキシコの後塵を拝し、悲願のメダルには手が届かなかった。

 埼玉スタジアムでの一戦を興味深く報じたのが、韓国全国紙『朝鮮日報』だ。「銅メダルマッチでメキシコに敗れた日本。ノーメダルで終了し、苦い涙の海が広がった」と銘打ち、次のようにレポートした。
 
「終始主導権を握られていた日本は0-3からミトマが1ゴールを挙げたが、敗北を免れることはできなかった。試合終了後にはクボ(久保建英)が溢れる涙を抑え切れずに泣き崩れ、ドウアン(堂安律)も泣き、ヨシダ(吉田麻也)も泣いた。やがてヨシダがクボの元を訪れて励ましたが、それでもクボは起き上がれないほどショックを受けていた。結果的に初の金メダルを本気で狙っていた日本は、銅メダルさえ得ることができなかったのである」

 そして最後はやや同情に近いトーンで、「彼らの野心は満たされなかった。だが、これがサッカー。決して望み通りにはいかないものなのだ」と記した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
まさかの3失点に絡んだ遠藤航…ベスト4の功労者に最低点をつけなければならない悲しい結末【東京五輪】
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
「あんまり泣かないので、分かんないですけど…」久保建英が打ち明ける涙の真意【東京五輪】
「日本の堅陣を突き破った!」銅メダル獲得のメキシコを母国メディアが手放し称賛!「その攻撃に怖さはなし」【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ